• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アマゾンの「購入ボタン」は「購入」ではない…手軽なワンクリックに隠された「複雑すぎる法解釈」

49
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • いろいろ ひら

    話長い、所有権の例え話が2ページ分くらいある(笑)

    つまり、所有権ではなく利用権みたいな意味合いかな。使ってもいいけど、貸したり、売ったり、スクラップすることはできない、そしてその使うもの自体は販売者が握ってるから突然消えることもある。


  • 大阪府庁

    そうでしたね。値段を安くしてくれないと忘れてしまいます。

    ≪アマゾンの映画の購入ボタンを押したら、あなたが手に入れるのは「非排他的・譲渡不可・再使用許諾不可の……個人的な非商業目的の私的使用に限定された使用許諾」である。≫


  • フリーランス/零細投資家

    「サービス終了やプラットフォーム側の判断での打ち切りがあるまでは」という但し書き付きの使い放題ですね。頭では分かっていても実際に遭遇したら大きな不満を感じてしまいそうですが。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか