• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「不気味な“人口減少実験室”ニッポンで、いま起きていること」を仏紙が列挙 | 日本はもう「消滅した星」なのだろうか

293
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • 独身研究家/コラムニスト

    多死社会化にともなう急激な人口減少国家の先駆けとしてはその通りだが、どうも最近の統計を見ると、日本より中国の方がヤバい状況になる。両国とも2100年には人口が今の半分になるが、日本は7000万人減に対して中国は7億人減。
    いずれにしてもこの人口転換メカニズムはどこの国にも訪れることなので、移民を入れようがどうしようが世界の人口は減る。というより今の人口が異常。
    現在地点を是としてしか世界を見られない人は、人口が増えても減っても「世界は終わる」というのだろう。


注目のコメント

  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    世界では、国民はものすごくまじめで勤勉なのに、バブル崩壊以降のマクロ経済政策対応を誤るだけでこんなひどいことになるといった反面教師の国になっていると思います。


  • badge
    LIFULL senior 代表取締役

    人口減少の弊害だけが大々的に、それも一部誇張されている気がしますが、人口は増加し続けてもそれはそれでいずれ様々な問題が起こるわけで。

    なのでこんな風にただ嘆くことにはあまり意味がなく、どうすべきか?に対してパワーを割きたいものですね。

    私たち大人たちができることは、次の世代に感謝してもらえるような世の中にしていくしかないかなと。そう強く思います。


  • badge
    キャリア教育研究家

    >ここは、世界的な出生数減少の最前線。
    この実験室を急速な人口減少と高齢化がどのような問題を引き起こすのかを観察する場とするのか、これらの問題を回避する解決策を見出す実験の場とするのか。
    これから、人口減少局面を迎える世界の国々は、日本がどちらの道を歩んでも、日本に学びながら対策を講じることが可能です。
    日本はどちらを選択するのでしょうか。後者を選ぶためには、現状を放置せず、何らかのアクションを起こさなければなりません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか