• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ウォール街の新入社員、年収3520万円-ロンドンとの差が一段と広がる

Bloomberg.com
436
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    S&S investments 代表取締役

    日本の大企業が初任給を大幅にアップして月30万円にとか言ってる間に、米国のトップ企業はその10倍の報酬レベルまで待遇を改善している


  • badge
    株式会社ナウキャスト 取締役会長

    ウォール街における新入社員の報酬がシティのそれと比べて高いか安いかを議論することは、大して意味があることとは思えない。その理由は①新入社員の給与がマネジング・ディレクターなど上級ポジションのそれと比べて「誤差の範囲」くらいの額であること、②新入社員のうちキャリアの大半を最初に入った金融機関で過ごすものはほとんどいないこと、③力のあるものであればウォール街(ニューヨーク)とシティ(ロンドン)を勤務地で行き来する人が多いこと、の3つです。
    新入社員の給与は社内でほとんど差がないので、他の業種の新入社員との比較には便利かもしれませんが、それ以上の意味もそれ以下の意味もありません。


  • ボストンコンサルティンググループ パートナー&ディレクター

    新入社員といっても、学部新卒のおこちゃまではなく、別の仕事を経験した後、MBAを取得した後の若者の話だから、日本の新卒採用マーケットとの比較はちょっと違うんじゃないかと。秋田さんが仰るKelloggも学部ではなくノースウェスタン大学のビジネススクールで、多くの学生は一度働いてから学んでいます。なお、いわゆるトップMBAの修了者は以前から一年目から平均でUSD150-200Kは貰っていましたが、それが近年さらに騰がってるということなのでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか