• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アジア展開企業、統括機能を移管 シンガポールからタイへ

共同通信
66
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 大曽根 貴子
    badge
    シンガポール勅許会計士 国際税務専門税理士

    弊社もコスト高の影響を受けてマレーシアに一部の業務を移転しました。
    タイは英語人材が少ないので弊社の場合はマレーシアの方が適していました。

    家賃の高騰を受けて、かつてはリャンコートというモールがあって日本人村だったリバーバレーから日本人が消えたとも言われています。


  • 梅林 憲之
    技術営業 機械

    かつてマレーシアには日系工場が多かったものの、人件費他の高騰によりタイやインドネシア、ベトナムへ工場を移した。シンガポールからの移転先として、日系工場が多いタイヘ統括機能を移すのは理解できる。

    しかし他の方も書かれているようにタイで欧米企業を相手にできるほどの英語人材を集めるのは容易でなく、日系企業同士のビジネスを迅速にするためのタイ移転にも思えます。自動車産業は裾野が広いため、タイ国内だけで相当数の日系BtoBがあるからです。

    逆説的には日系企業の欧米向けBtoB案件が減っている可能性もあり、あまり喜べない傾向かもしれません。


  • Sato Jun
    商社 事業開発/大日本独身党 クアラルンプール支部長

    シンガポールは法人税率が低い、関税がかからず通関がスムーズ、治安がよい等の利点があるはあるのですが、こうも物価が上がって外国人のビザが下りなくなると総合的に見てタイやマレーシアに移転したほうがメリットがあるという話になりますよね。
    シンガポール→マレーシア(南部ジョホール)の話はよく聞きます。
    タイは、バンコクだったら日本語で生活できてしまうので、社員の語学教育が必要ないという裏メリットもあるかもしれません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか