• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

実質週休3日は「もう無理」か。ドイツ銀が模索する出社回帰の「最適解」

156
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員

    揺り戻しがある中で、各国、各社ごとに、在宅と出社のバランスの最適解が図られるのでしょう。そうしたエッセイです。私は在宅で雑談の機会を失い、それが雑談でした。結果的にコーヒーバッジングでも、出社は悪くないと思います。


注目のコメント

  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    労働者の権利保護の強さという観点から、ドイツとアメリカの出社回帰のスピードを論じた土田さんの論考は、とても興味深いです。
    ただ、私のような単身赴任生活の研究者の場合、テレワーク中心になってしまうと、土日も含め24時間365日、何かの仕事をしている状態になってしまい、いわゆるオンオフ切り替えができなくなることがあります。テレワークが本当に労働者の権利保護や福利厚生につながるのか、改めて考えさせられます。


  • badge
    アクティブ・コネクター 代表取締役

    昔は、給与が高い方が羨ましいとか企業が知られている方がすごいなーと羨望の眼差しで見る人もいたかもですが(今もいるかもですが)、今の時代は給与がいくら高くても馬車馬のようにはたらかされるとか、在宅勤務の自由が低いという人を見た時に「羨ましい!」とはあまりならないのではないかなーと感じました。

    在宅勤務ではメンバー間の連帯感の課題は確かにあるかもですが、結果がある程度出ていて会社の経営が成り立っているなら、そこで妥協するというのも経営判断としてありではないかなーと個人的には思っています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか