• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

共和党候補選び、トランプ氏が5連勝 ヘイリー氏の地元も制す

毎日新聞
356
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

選択しているユーザー

  • badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    トランプがサウスカロライナで勝つことは事前の世論調査で分かりきっていました。むしろ今回はヘイリーが選挙戦から脱落しないことを宣言したこと。

    世論調査の戦いである昨年の「影の予備選」からトランプは横綱相撲で共和党候補はずっと前からトランプで確定。ただ、ヘイリーの「トランプではバイデンに勝てない」というメッセージが浸透していくのはトランプにはボディブローになっていく可能性もあります


注目のコメント

  • badge
    ノンフィクション作家

    確かに、トランプの大勝ですが、ここで注目すべきは、地元であったサウスカロライナ州でヘイリー候補は負けたにもかかわらず、スーパーテューズデイまでは撤退しないと言明したこと。

    これはヘイリー候補のPACへの献金が途切れずに続いているからです。つまり、一定数の大口献金者が、共和党予備選で選択肢を残すことにこだわっていることにあります。

    ウクライナを捨て、ロシアとうまくやり、多大な関税をかして中国をブロックする、これは伝統的な共和党の政策とはあいいれないものです。

    大衆的な人気が圧倒的なために、トランプイズムが共和党をのっとっており、それに対する伝統的な共和党の勢力(特にビジネス界とかさなる)が抗っていることを示しています。


  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    サウスカロライナ州、最終的にはおよそ60%:40%でトランプ氏の価値ですね。

    ヘイリー氏は、元サウスカロライナ州知事とはいっても、現職知事などに影響力を持っていないとなると、確保できる票も限られますね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか