• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

休眠預金、24年から新興企業に出資 政府がファンド通じ

日本経済新聞
135
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 永濱 利廣
    badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    なお、これとは別に、日本政府は2024年度をめどに、中小企業のM&Aによるグループ化を後押しする官民ファンドを新設することになっています。
    狙いとしては、間接部門の共通化を進めることによって人手不足に対応することや、後継者不足の解決、さらには事業規模拡大による競争力強化等があるようです。


  • 蛯原 健
    badge
    リブライトパートナーズ 代表パートナー

    本件は特に新しい話ではなく「民間公益活動促進のための休眠預金等活用」として昨年既に関連法が成立・施行され骨太方針にも明記されており、更に言えば東北大震災前後から「新しい公益」に端を発し一連の取り組みがなされてきたものにつき今期予算執行方針が決まった事が報じられているものでしょう。記事中「社会課題の解決に取り組む小規模企業」や「スタートアップ」と言葉がややブレているものの、事の経緯と法精神を鑑み当時はNPOら所謂「社会起業」が支援対象だったがその後広く社会インパクトに取り組むスタートアップ全般まで対象を広げた事、またVC等を通じた出資という形態を採用した事が今回新たに明示されたという事でしょう。


  • 八田 浩
    badge
    株式会社ロケットスター 取締役 共同創業者

    毎年発生して払い戻しが半分くらいはあるんですね。数兆円くらいは軽くありそう。それにしても10億とはずいぶん少ない。
    以下詳細が発表されています
    https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/sanko/shiryou_1_5.pdf
    "休眠預金は毎年度1400億円ほど新たに生じている。預金者は金融機関に申し出れば払い戻しを受けられるが、申し出がない事例が目立つ"


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか