• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

電気自動車関連のスタートアップ乱立は「常軌を逸したバブル」だった | “第二のテスラ”は生まれなかった

47
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    株式会社ローランド・ベルガー パートナー

    10年前も、多くのEVメーカーが設立され、その中でテスラが頭角を現した。
    そもそも自動車という括りで見れば、巨大資本を擁する産業、確立された市場において、1社でも新興勢力が台頭すること自体、稀なこと。
    逆に言えば、その陰には多くの企業が撤退や倒産を余儀なくされる、、、それはこれまでも同じこと。
    重要なのは、産業に風穴を開けるようなイノベーターが現れること。
    そのためには、撤退/倒産組も含めて多くのプレイヤーが市場確立にチャレンジし、切磋琢磨することが不可欠。
    産業全体や生活者の視点からみると、撤退/倒産組もそのチャレンジには敬意を払われて然るべきではないか。


  • いろいろ ひら

    NPで齋藤さんがおっしゃっていた通り。
    構造が単純になるから自動車メーカーがたくさん出てくると言っていた人達がいたが、この記事の通り。
    自動車はデザインも大事ですが、最重要なのは安全性。安全性とデザインを両立するのは一朝一夕にはできないのは、EVの代名詞とも言えるテスラで悲惨な事故がまだ発生していることでも分かる。


  • NewsPicks Content Curator

    ローズタウン・モーターズ、プロテラ、エレクトリック・ラスト・マイル・ソリューションズの3社が破産申請したことを受けてのようですが、苦戦している企業の特徴はSPAC上場したこと。

    キックボードのBird、MicroMobility.comの破産もそうですが、結論SPAC上場を選択するのが大きな間違いであるということかと。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか