• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

日中首脳、米国で1年ぶり会談 戦略的互恵関係を推進

100
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    キヤノングローバル戦略研究所 主任研究員

    会談は予定時間を越えたようです。日本側から邦人拘束とブイの問題を提起したことは評価できます。ただ、アステラス製薬の幹部はすでに刑事手続きに入っており解放の可能性はほぼなくなりました。政権を挙げてもっと迅速に動くべきでした。


  • badge
    楽天証券経済研究所 客員研究員

    習近平氏が宿泊している、厳重な警備に囲まれたホテルに出向いての会談でした。会談会場の指定された地点で待ち構える習氏に、頭を下げながら、下から歩みを進める岸田総理の立ち振舞も印象的でした。


  • 東京大学 中国思想文化学研究室助教

    米中首脳会談で画期的な決定がなかったのと歩調を合わせて、こちらも特筆すべきポイントがなく顔合わせで終わりそうですね。
    日本はアメリカと違って、ほとんど政権交代がなく、トランプ氏のように前政権の合意をことごとくひっくり返すような元首もいませんから、基本的には継続的・建設的な外交ができるはずです。例えば中東においては、アメリカとは異なるパフォーマンスを有しています。
    しかしここ10年ほどの対中国外交は残念ながら、米中関係にだいぶ引きずられています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか