今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつては、GMなどで主流だった現場の労働者は自分の仕事だけやっおけばOK的な個人プレーが主流で、管理職だけがチームのマネジメントを考えようって仕組みだった。

トヨタは、チームみんなが自分のチームもそうだけど、周辺のチームのためを考えて、現場のスタッフとか管理職も関係なく目標達成しようって考え。

個人的にとても良いと思うし、それが企業の競争力に繋がることが証明されているから、日本が世界に誇れる素晴らしい事例だと思う。
「カイゼン」や「DX」という「名称」にこだわると、本質を見失うことになるので注意が必要です。
要は、大事なのは「名称ではなく中身」ということです。
中身をよく見てみると、amazonも、Teslaも、TOYOTAも「生産性を向上するための継続的な(←ココが肝)活動」を文化として現場に定着させているという意味で、非常に似ている部分があります。
「名称」に踊らされたり、上滑りするのではなく、「当たり前とも言えることを、愚直に実施できる企業」が強いと実感するこの頃です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本最大手の自動車メーカー、世界でもトップクラス。傘下に日野・ダイハツを有し、SUBARU・マツダ・スズキとも業務資本提携。HV技術をベースにPHV、FCV、EVを展開。北米を中心にレクサスの販売も。
時価総額
59.7 兆円

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
263 兆円

業績