292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アプリストア以外からのアプリのダウンロードを可能とする、いわゆるサイドローディングの議論は、日本のみならず世界中で長年続けられてきています。

今回Appleはパブリックコメントで非常に怖い口調での反論をしていますが、まずAndroidと言う、サイドローディングが許可されている環境がある以上、Appleにも同じ条件を求めるのはいささか疑問が残ります。

Androidはサイドローディングが許可されていますが、実際に利用されているのは1割程度で、基本的にはOS標準のGoogle playからのダウンロードが主体となっています。

ここで言える事は、だったら、AppleもApp Store以外からのサイドローディングを許可しても大きな影響が出ないとではないかと言うこと。一方で、その1割のために、全ユーザのセキュリティーやプライバシーを脅かすサイドローディングをデフォルトにすべきかどうかと言う点。

加えて、特にAndroidでは既にサイドローディングが許可されていますが、日本政府が保護したいであろう国内のアプリストア運営する事業者は、AppleとGoogleによって、ビジネスが阻害されたのでしょうか。

そしてまた、そうした企業から規制を通じて、アメリカ資本の企業のビジネスモデルを崩してほしいと言う要望が上がっていると言うことでしょうか。

この議論全体を通して追いかけてきていますが、日本政府としては、国内産業保護の観点から、EUの追随をして、実態やプライバシーの懸念などを深く考えずに、サイドローディングありきでの議論を進めてきた、と評価しています。

また、アプリストア全体が、世界的にAppleとGoogleに収斂した結果は、プラットフォームによる寡占と言う見方もできますが、一方では歴史的にはユーザビリティーによる自然淘汰の結果だったと考えています。裏を返せば、国内事業者は、AppleやGoogleを上回るアプリストアの体験、あるいはビジネス環境を、用意することができなかったと言う敗北の結果だったとしか言いようがありません。

それを巻き返そうと、セキュリティー・プライバシーを、自由競争との天秤にかける事は、到底容認できません。
ユーザーとしては、アプリストア以外からどんどんアプリが入ってくるとかなり怖いような気がします。

iPhoneはウイルスソフトと馴染まないので(ウイルスソフトを入れたら不具合が出て、サポートに相談したら「ウイルスソフトの利用はお勧めしていない」との回答でした)、ウイルス入アプリが入ってくる危険性があります。

業者としてはコストがかかって困るのでしょうが、費用を下げる等の折衷的な対策ではダメなのでしょうか?
別対応はメンドクサイからヤメテ、という意味ですねぇ

「「米国で進行している議論を注視し、足並みをそろえること」を日本政府に求めた。」
アップル審査を受けないとダウンロード、インストールできないiPhone 用のアプリケーションと違って、MAC用のアプリケーションはどこからでもダウンロードできる。警告が出る場合もあるが、ユーザーがオーケーすればインストールは可能。

MACの方でなにが起こっているかというと、ウイルス対策は自分でしなくてはならない、OSのアップデートで動かなくなる、不具合の出るソフトウエアがしばしばある。iPhoneユーザーは守られていると言える。審査料の30%が高すぎるというなら、値段を高くすれば良い。ちょっと値段を高くしただけで売れなくなるようなアプリケーションを作るべきではない。

規制がなにもない社会がどういうことになるか人類は十分学んだはずだ。随一の懸念はアップルが悪意を持った場合だ。その時はアップルの販売するマシンが消滅するだけのことだろう。
・米アップルは、政府の報告書が指摘した問題点の多くを否定し、規制方針について「日本の社会および国民を脅かす」と強い言葉で警告
具体的には29ページ分の意見を提出しており
他社の「ストア」経由のアプリ流通を可能にするよう求める方針について、「いかなる変更もセキュリティーレベルを損なう」などが指摘されています。
ここに来てアメリカにアプリストア利用で
金が流れるののを防ぎたいのか?何がしたいのか疑問

仮にアプリストア解放させるなら、
それ相応のアプリストアを政府が用意すべきだし、
セキュリティも高めるとなると相当な金がかかるはず。