• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ウェルビーイングを実現。IBM流ローカルワーク

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス | NewsPicks Brand Design
193
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 井上 裕美
    badge
    日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長

    IBMで展開し拡大しています地域DXセンター。
    長野を拠点に、開発をする中核の拠点となって進めています。長野は移住する場所としては常にトップですし、自然豊かな場所で、ワーケーションする場所のイメージが強いと思います。最近は新幹線も海外の方の旅行で本当に混んでいますね。
    長野は以前長野オリンピックが開催され、そこでのシステムはIBMが主に担当していたことから、今でもIBMの中では長野オリンピックのことを話す方が多いのですが、今市長は長野オリンピックに出られていた荻原市長です。
    知事と市長とそれぞれ長野で働くことについて、お話しさせていただきました。自然豊かな長野で働くことに興味がある方はぜひ読んでください。


  • 下元 陽
    NewsPicks Brand Design senior editor

    近年全国に拠点を増やしている日本IBMが長野に進出しました。

    リモートによるシステム開発を担う「IBM地域DXセンター」を今年9月長野市に開設。地元のDX案件をはじめ、国内外の大型開発案件を手掛けるそうです。

    『田舎暮らしの本』(宝島社)が毎年発表している「移住したい都道府県」ランキングで17年連続で移住したい県No.1に選ばれるなど、長野は住みやすい場所として知られています。

    IT産業の集積やIT教育にも力を入れていることから、ITエンジニアにとっても魅力的な土地と言えそうです(日本IBMの社員にも移住者が少なからずいらっしゃるとか)。

    この地で暮らし、DX人材として働くことの醍醐味を、阿部県知事、荻原市長、日本IBMの加藤副社長、日本アイ・ビー・エムデジタルサービスの井上代表にお話しいただきました。

    ローカルでエンジニアとして働くことに関心のある方は、ぜひご覧ください。


  • 山田 崇
    badge
    株式会社ドコモgacoo EduWork事業開発室長/CLO

    “今、塩尻市で全国的にも注目されている「KADO」という、時短就労者を対象とした自営型テレワーク推進事業があります”

    “移住したい県No.1”に輝く長野の魅力
    『田舎暮らしの本(宝島社発行)』で「移住したい都道府県」ランキング17年連続1位、2022年度には移住者が過去最高を記録の信州「長野県」の記事。インタビューで阿部守一知事からは塩尻市のKADOについて後半で触れていただきました。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか