新着Pick
401Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
手前味噌ですが、NewsPicksのユーザーの方々こそが想定読者ですのでぜひ。。。

 チューリッヒ大学にいるゲオルグ先生とステファニア先生との対談記事です。お二人の日本経済に関する基礎情報を基にした分析はとてもユニークな視点で楽しく議論しました。今回から4回シリーズでハーバードビジネスレビューオンラインに掲載されます。(ゲオルグ先生はわたしのドイツ時代からの友人です)

 もしかしたら日本で長年研究されている方には、この「スイスの視点」は間違っているとされる研究者の方もいらっしゃるかもしれません。ただこの対談は東京大学が出版しているSocial Science Japan Journalに掲載された論文をもとにしていますので、もしそうだとしたらとても良い議論となるはずです。(追記)すでに著名な研究者の方から貴重なご意見を頂きました。どこを起点でデータを見るかで大きく印象がかわり、まさに議論になりますね。

 ぜひ屈託のないご意見、建設的なご意見をよろしくお願いいたします!(^^
良記事、必読!琴坂先生のコメントも参照いただきたいが、Picks読者こそが想定読者というのも嬉しい!非正規の比率が増加しているが、正規雇用も微増しているというのは自分も驚きだった。一方で成長率に関して、実質GDP成長率を使って1990年を100として計算すると、2014年までに日本は125、アメリカ179、ドイツ141となると思う。記事で言う「長期GDP成長率」が通常の実質GDPと違うのか分からないのだが、数値的にドイツと比較して「そこまで低くなかった」というのは、数値や検証方法として具体的にどんなだったのかが気になるので、次回連載に期待!!
失われた20年というが、確かに20年で失われたものもあれば、20年で失われないどころか立派に増えたものもある。それは財政赤字と貧富の差と日銀がもつ国債の量だけでなく、ずいぶん国際化し、通信インフラは格段によくなり、人はずいぶん礼儀正しくなった。質はGDPの数値に表れない要素も多いので、他国比での相対的な実質平均所得の数字は下がっていても、以外と生活のクオリティは上がっていたりする。
失われた20年は経済学のケの字も知らないマスコミと自称経済評論家が作り上げた虚構。なぜか日本のマスコミは日本を落す自虐的な記事書くのが大好き。テレビもそうだけど、一歩下がって冷静に判断するバランス感覚が全然ないんだよね。
「日本経済全体で見れば正規雇用も非正規雇用も共に絶対数で拡大していた」、これは欧州から見たら失われた20年ではなく、うらやましい限り、という見方はなるほどと思った。日本の非正規のグレーな部分(社会保障を負担しないなど)を、改善していくことがスイスに近づくための一歩なんだろう。労働者派遣法改正は3度目の正直で成立するかな。
「失われた20年」というのが違うというのは同意できるが、就職氷河期世代として労働市場に関する見解には同意できないというのが正直なところです。

どうも日本人は過去の成功体験にしがみつく傾向があり、高度成長期やバブル期の成長率を基準にして考えがちです。ただ、成熟社会となり潜在成長率も低くなった昨今、1%台の実質成長率がやっとなのが実情です。その辺りを考えると、「失われた20年」というのは現在の過小評価と言えます。

ただ、労働市場に関しては1990年代末から2000年代半ばの就職難を正当化するのと同じロジックですね。非正規でも雇用があるから我慢しろ…というものです。日本では正規雇用と非正規雇用との賃金格差が大きく、新卒一括採用が一般的な日本では非正規雇用での就職は生涯賃金が低くなることを意味します。日本のような労働市場で、非正規雇用が840万人増えてドヤ顔する政治家がいたら張り倒してやりたいところです。
クラスメートの武田晴人著『脱・成長神話』と併せて読むと、選挙民にすり寄らざるを得ない政治家のお先棒をかづく経済学者、経済評論家が多いのかなとも思ってしまいます。
視点を変えれば、日本もまだまだいけるということですね。GDP(国内総生産)は人口減少とともに落ち込むでしょう。2050年には世界7位まで落ち込むという予測もあります。暗いニュースばかりな日本で、視点を変えて、そこまで下を向く必要のないという論拠のある記事ですね。「失われた20年」のように悲観的な捉え方をするのは、国民性なのかもしれません。
なるほどな知識満載の内容。
・日本はアメリカではなく、日本同様移民流入が少ないドイツをベンチマークせよ。
思い込みの排除を
・日本の低成長は他の先進国並みで、失われた20年という自虐的ネーミング(と強すぎる隣国)がパッシングのもと
・実は正社員は横ばい。絶対的雇用数は増加
あとスイスはall非正規。

スイス在住の方々がガッツリ日本を遠くから冷静に見る内容。 オチが気になるので続報楽しみ!
「失われた20年」の間にも,日本は成長したよ,と…
論者のバックグラウンドを見ると,マクロ経済ではなく経営に詳しい方々らしい.
確かに成長はしたのだろうが『デフレでなければ,もっと成長したのでは?』という,マクロ経済学では普通の反実仮想的な問いには答えられていないように思う.

また,以前から低成長だった欧州と比較して『日本は別に低成長でない』というのもどうなのだろう.では,バブル崩壊〜デフレ突入のわずか数年で,GDPのグラフがきれいに折れ曲がった理由は何なのだろう? たった数年で日本の社会構造が高成長社会から欧州型に変わったのだろうか?

デフレ脱却が近づくにつれ,24年ぶりに低い倒産件数や,23年ぶりに高い求人倍率などの数字が出てきているところを見れば,やはり,デフレがこの20年間の低成長の原因だったと考えるのが自然だろう.