188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
線虫がん検査と異なり、検査の生物学的妥当性が説明可能な点が強みです。しかし、これをがん検診として用いるという場合には、既存のがん検診との比較などにより、臨床的な有効性(すなわち、検査精度の議論にとどまらず、検査によって既存のがん検診と少なくとも同程度にがんによる死亡リスクを低減できるかといった点)を評価した上で実用化につなげていただきたいところです。

なお、現時点では、乳がん検診としては「唯一」マンモグラフィが推奨されています。その根拠として、マンモグラフィを受けることにより、検査を受けない人に比べて乳がんによる死亡リスクを低減できる、すなわち検査で命を守る可能性が高いことが知られている唯一の検査だからです。

該当年齢の方は、ぜひ目先の利益や面倒臭さに負けず、検査を受けていただくことを強く推奨いたします。繰り返しになりますが、あなたががんで命を奪われてしまうリスクを低減できる検査だからです。
涙液は、尿、汗、唾液と比べても、心理状態や食事に依存せずに状態がわかる良いマーカーだと思ってました。

ぜひ形になったら嬉しいですね!
まだ実用化の可能性があるという段階であるように、これまで涙の活用はあらゆるジャンルで期待されていたと思います。結果として現時点ではどこの企業もうまくいっていない。TearExoはどんなところに優位性があり、実現できそうなのかが気になります。
https://tearexo.jp/research/
実現すればかなりのインパクトになりますが、技術を裏付けるデータや根拠なども同時に話題にしていく必要がありそうです。