今日のオリジナル番組


詳細を確認
No More Rules 業界の改革者になるには?
本日配信
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
よく、英語が話せないのは使う機会がないからと思い込んでいる人がいますが、これはスポーツで試合がないから練習しないのと同じです。いつまでたっても上達しません。
英語を話せるようになるには、話すための実践練習が必要です。それは自分で考えて答えるという瞬発力のトレーニングです。
ここにあるような絵を見て説明するのもいいですし、朝ならその日の予定、夜なら一日にあったことを英語で独り言で言う習慣もビジネスパーソンにはおすすめです。さらに、オンラインレッスンなどで、講師を相手にやり取りする機会を定期的に作ることも有効です。
自分で考えて自分で英語で言ってみる瞬発力は、工夫によって鍛えることができます。
日本には英語スピーカーの外国人がそれなりの数住んでいる。自分の経験としては外務省の試験前に、埼玉大学に留学で来ていたフィリピン人学生と話す機会を作ったことはかなり有効だった。いつも人に会える訳ではないので1人の場合の練習方法も重要ですが、日本にいる英語スピーカー外国人との交流の機会を作り、友人となることが日本に居ながらにして英語が話せるようになる一つの道。

知り合う機会が無いという声も出てきそうですが、各地域には国際交流団体が結構な数ある。また、日本語に不安のある外国人をサポートするボランティアなどもある。探し、アプローチする努力が必要。
頻繁に会って話をする英語しか話せない友人をつくることが最短の学習法。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません