14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きょうのNY株式市場でダウ平均は小幅に3日続伸。
IT・ハイテク株に買い戻しが入り、全体を押し上げナスダックは大幅高。
テスラ<TSLA>とクアルコム<QCOM>の上昇がサポートした。

特にテスラは大幅高となっており、米大手証券が投資判断を引き上げ、目標株価を400ドルに引き上げたことが材料視されています。
因みに先週末終値よりも60%超高い水準。
また、クアルコムは大口顧客であるアップル<AAPL>との契約が3年延長されたことが材料視されています。
ただ、アナリストからは同社にとって大きなゲームチェンジャーにはならないとの指摘も出ています。

週末に、来週のFOMCでの利上げを見送ることでメンバーのコンセンサスが得られたと報じられたことも心理を後押ししていますが、FRBが年内に追加利上げを行うかどうかは未知数だとも伝えています。

このところ、予想を上回る米経済指標が相次いでいることから、FRBが予想以上の追加利上げに踏み切るのではないかという懸念が再燃し、米国債利回りの上昇とともに株式市場を圧迫しています。
その意味でも今週の米消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)といったインフレ指標に注目が集まっており、特に水曜日の米CPIを受けた市場の反応は注目されます。

エネルギーコストの上昇で、総合指数は強い内容が予想されていますが、FRBが注目するコア指数は前年比では前回よりも鈍化が見込まれている状況。
原油市況から推察すると、エネルギー価格はしばらく上昇が予想される中で、それが落ち着き始めているコアインフレにも波及してくるか注目されます。

今週は米小売売上高やミシガン大消費者信頼感指数の発表も予定されており、重要な経済指標が相次いで発表されます。
一方、FOMCメンバーは来週のFOMCまで発言を控えるロックアップ期間に入っており、経済や金融政策に関する発言は出ないものと思われますが、ニック記者リーク報道には注意要か。

VIXは低下して楽観、一方で金利高止まりで株式市場にとって危険水域に近づいている様に見えますが果たして(個人的にはVIXとかでヘッジしといた方が良い様な)。

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
257 兆円

業績

Founded in 2003 and based in Palo Alto, California, Tesla is a vertically integrated sustainable energy company that also aims to transition the world to electric mobility by making electric vehicles.
時価総額
89.1 兆円

業績

Morgan Stanley is a global investment bank whose history, through its legacy firms, can be traced back to 1924.
時価総額
19.9 兆円

業績