88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マスク氏は、ウクライナ軍の水中ドローン群による「ミニ・パールハーバー」が起きて、ロシアが報復で核兵器を使うのを恐れた、うんぬん、と述べたとのことですが、それは疑わしいです。
 そうだとしたら、マスク氏はウクライナ軍の極秘作戦を事前に知っていたことになり、それはそれで本当なら深刻なことです。

この戦争は、情報通信技術によって行われています。史上最もIT技術が活用されている戦争であることは間違いないでしょう。
 通信も、ドローンの操作も、GPSで着地点を調整するミサイルや砲弾も、情報収集も、ネット接続が無ければ機能しません。
 本来、全ての根幹であるIT技術は国家によって保有されて運用される必要がありますが、それができるのはG7諸国か中国かイスラエル、シンガポール、台湾、韓国くらいです。
 ウクライナを含め、世界のほとんどの国は、GPSも自前では運用できません。ウクライナ軍を支えるIT技術は、米軍に提供されている部分もありますが、スターリンクのような外国の民間企業に依存しなければならない、というのが苦しいところです。

マスク氏がその気になれば、ウクライナ軍が短期間で数万人の死者が出る大敗北を喫するようにする、ということも可能ということになります。
 新しい戦争によって出てきた新しい問題ですが、比較的近い将来に可能な対処としては、米国やEUなどの国家がスターリンクと類似のサービスを提供するか、スターリンクを米国の法で縛るか、くらいでしょう。

https://edition.cnn.com/2023/09/07/politics/elon-musk-biography-walter-isaacson-ukraine-starlink/index.html
なんということ。大臣が民間経営者にお願いすることなのか。なんで作戦内容が事前に民間人に漏れるのか。エンジニアや社員がロシアに漏らすかもしれないのに。
"通信を失ったドローンは陸に打ち上げられた。ウクライナのフェドロウ副首相兼デジタル変革相はマスク氏に、再接続を頼み込んだという"
良くも悪くも、Elon Muskらしい考え方と行動。

(以下、記事中からの引用)
 米起業家イーロン・マスク氏が昨年、ウクライナによるロシア軍への奇襲攻撃を止めようと、自社の通信サービス「スターリンク」の衛星通信網を切断するよう、エンジニアに命じていたことが7日、明らかになった。
(中略)
 アイザックソン氏によると、マスク氏は「ロシアが核兵器で応戦するのではないかとの強い恐怖に駆られた」と説明。通信を失ったドローンは陸に打ち上げられた。ウクライナのフェドロフ副首相兼デジタル変革相はマスク氏に、再接続を頼み込んだという。

 マスク氏はアイザックソン氏に「スターリンクは良いこと、平和なことをするもので、ドローン攻撃のためのものではない」と語ったという。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません