• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

人類より進んだ地球外文明のエネルギー源「ダイソン球」探査の恩恵

76
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 名古屋大学大学院 D1 / 第4期NewsPicks Student Picker

    いわゆる、カルダシェフスケールと呼ばれるものですね。検討自体は面白いのですが、生命の存在確率を表すドレイク方程式と同様、定義しようのない要素が存在するため、何とも言えない話です。

    今回の記事にあるのは、タイプ2相当。つまり、太陽のような恒星の発するエネルギーをすべて無駄なく利用する文明の尺度を取り上げています。

    かの有名なホーキング博士は悪意ある文明にバレたときのリスクの高さを指摘しており、電波など垂れ流しの地球文明に心配がありまくることを指摘しています。

    宇宙人にあってみたいものの、技術レベルが同等以下でないとコロンブスの時代の植民地化になりそうで怖いです。

    ▼カルダシェフスケールの記事
    https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/7657f30152536f6e356d73fe156cfb9f6fa5d14c


  • badge
    東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授

    なるほど,面白いですね.恒星の放射エネルギーはダイソン球の内面で吸収されて,それがエネルギー変換されて利用されるのでしょうが,結局,最後は熱になるので,それをダイソン球の外面から宇宙に放出しないいけない.さもないとダイソン球の内側はどんどん温度が上がってしまう.遠方から観測すると,それが赤外線放射する物体として観測されるというわけですね.


  • badge
    株式会社ロケットスター 取締役 共同創業者

    人類より進んだ地球外の文明があるとして、なぜその進んだ文明は地球に来ないのか?
    1来ているけど、人類に感知できない
    2人類に知られたくない
    3地球を知っているが興味ない
    SFの金字塔である三体ファンとしては、黒暗森林理論が1番納得しました。地球外生命が友好的である可能性の方が圧倒的に低いですね。知られない方が得策です


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか