新着Pick
289Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうしたリストラの担当者のお話を匿名で伺うと、こうした「希望退職」というかたちでしか大規模な組織再編が出来ないのが人材の流出につながっているといいます。
 個別の従業員を勤怠評価を元として解雇対象とすることは極めて難しく、もちろんほんとうに重要な何名かは個別にケアが出来るそうですが、手が回らず取りこぼしてしまう有能な人材が数多くいるとのこと。
 また、こうした余剰な人員を引き受けてもらうために事業売却時に雇用の保護などを要請すると、売却時のバリュエーションに大きなディスカウントがかかり、企業体力をそぐことにもつながっていると聞いたことがあります。

 日本の企業は、欧米企業のようにドライに人を選抜できるのであれば、少なくとも短期的にはとても高い業績を実現できるといいます。日本の大企業のオフィスには、仕事をしていない人がたくさんいることは多くの人が感じているはず。
 ただ、そうした人の選抜は長期的な競争力や従業員のモラルをそぐ可能性もあり、また日本経済としては企業が社会保障の肩代わりをしている側面があるため、無作為にやればいいということでもないのですが、、、
整理解雇に関する最高裁判例の4つの要件が厳しすぎるのかもしれません。
二昔前の大組織に関する判例ですから。
特に、人選の公平性というのは従業員の能力を斟酌できないので経営者には厳しいですね。
金銭解決による解雇の余地をもう少し認めるべきだと考えます。
希望退職3000人か…。結構大規模だな。
「希望退職なんて優秀な人材の流出につながる愚策だ」と仰る人がたまにいるが、整理解雇の四要件に照らすと、希望退職を募らざるを得ない。
1.人員整理の必要性
2.解雇回避努力義務の履行
3.被解雇者選定の合理性
4.解雇手続の妥当性
の「解雇回避努力義務」の最たるものが希望退職であり、それを十分に行使することなく整理解雇を断行することは慣例上許されない。
この「整理解雇の四要件」が経営の柔軟性をガチガチに縛ってしまっているので、ある程度緩和すべきというのがぼくの立場ですが、なかなか納得を得るのが難しい。
言うは易し行うは難しで、安易なコメントはしたくない。
ユニークな自社製品で、業績も出て、会社も成長するのが一番良い。そしてシャープにとって、液晶はまさにそれそのものであった。そして好調期にリスクをとる経営(G10堺含めた液晶投資)をしていたことも、今の苦境につながっている事実は否めないものの、半導体敗戦から学んでその時には蓋然性が高い打ち手で、個人的には尊敬をしている。それが苦境になっているからこそ、業績という点でも、会社のアイデンティティという点でも、とても苦しい。
そのうえで、すべきことは解体だと思う。液晶は資本・シェアが必要なビジネスであることは明確。白物やプリンタなど儲かっているビジネスを売却し、その売却益で不採算ビジネスのスリムダウンと資本強化をしたうえで、JDIなりHon Haiとくっつき、勝負できる会社となる。新会社としてトップメーカーとなることで、液晶技術者たちが再度「儲かるトップメーカーで活躍できる」状態にして、培ってきた液晶技術力をブランドはなくなっても、アイデンティティとして社会に残すことが、自分が考えられる中では多くの人にとって現状よりは幸せな状態ではないかと思う。
短期的な業績回復策が、長期的には大損になる例。

一度でもリストラをした会社では、「またリストラあるかも」と社員が思うため士気が下がり、長期的には業績は低迷する傾向がある。
希望退職だと労働市場で価値の高い人材だけ流出して、フリーライダーだけ残るパラドックス。チョッパー役は辛いが、使えない人間に引導渡さないといけない段階なのでは?(実際は空気的に辞める人間指定してるとは思うが…)
シャープの劣化にストップが掛かる気配がない。電機メーカーが為替レート120円でまだこれからリストラするというのでは、これまでの経営と現状が余程悪いとしか言いようが無い。
以前放映された2夜連続ドラマ『LEADERS』をふと思い出しました。
リストラ3000人=3000人+アルファその方々の代わりに残る人+それぞれのご家族。のドラマがあるのだと思います。もとはみんな同じ会社の仲間。それぞれの良きステップになることを願います。
もう本当にだめかもわからんね
各業界賃上げの景気のいい話題がが多く出る中、シャープの希望退職募集、従業員の給与水準を一律1.5%程度下げることがわかってきたとこと。再建に向けて抜本的な構造改革が始まったといいうことだが、今後も支援を得られるために事業売却や提携などさらなる手を打つ必要があると思う。リストラに合わせて主力2行に対して支援の増額(1500億→2000億円)の要請も行うとのこと。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18I2D_Y5A310C1TJ1000/
シャープ株式会社(SHARP、英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、台湾・鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,379 億円

業績