• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

鉄鋼大手アルセロール・ミタル、USスチール買収を検討=関係筋

21
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    1個の買収提案をキッカケに、再編が意識され、US Steel以外でも起こっていくかもしれない。
    あと、どうでもいいことだが、US Steelのティッカーは「X」。既存企業がティッカーを変えたりすることできるのか知らないのだが、マスク氏にとっては垂涎のティッカーだろう。

    <追記>やはりこういう記事があった。
    U.S. Steel bids may put cherished ticker symbol "X" in play
    https://www.axios.com/2023/08/16/us-steel-bids-may-put-cherished-ticker-symbol-x-in-play

    Game of tickers: The heated race to reserve unique stock symbols
    https://www.axios.com/2021/09/13/stock-market-ticker-symbol-competition
    <追記終>


  • WithMetis 代表取締役 理学博士(物理学)

    「モルガン・スタンレーのアナリストは16日付のリサーチノートで、アルセロール・ミタルの動きについて、温室効果ガス排出量を削減し、インドとブラジルでの成長に焦点を当てるという同社の戦略と食い違うと指摘」
    と書いてあるけど、そうなんですかねぇ。

    「持続可能な鉄鋼製品ライン「verdeX」最大90%、スクラップ鉄を従来の1/4の同等の高張力鋼板を生産」とあります。
    出典は、以下の経産省資料の11ページ
    https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/green_innovation/energy_structure/pdf/010_04_00.pdf
    及び同じ内容の英語でのニュース
    https://www.recyclingtoday.com/news/us-steel-big-river-recycling-sustainability-verdex/

    もちろん、誇大広告という部分もあるでしょうけど、本当に出来ている部分もあるだろうと思います。少なくとも電炉でどれだけやれるかの動向は探っておいた方がいいと思います。


  • Kanakura Analytica Inc. 個人事業主

    アメリカの産業界の象徴であるUSスチールがインド企業のミタルに買収されるなんて。鉄の時代もいよいよ終わりということなのかと衝撃を受けています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか