• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ドイツ、大麻合法化へ閣議決定 流通管理で犯罪抑止

共同通信
43
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 塩崎 悠輝
    badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ドイツは、世界でも米国に次いでオピオイド消費の多い国です。もっとも、死者数は比較的少ないので、そのあたりは管理された国ですが。
     アムステルダムがヨーロッパ最大の麻薬の入り口となり、アフガニスタンやシリア、中南米を原産地とする麻薬がドイツにも入ってきています。

    ドイツの大麻合法化は、米国やタイと同じで、「合法的な大麻を管理して流通させれば違法な麻薬の流通は減る」という仮説に基づくものです。
     この仮説が実際にはそうはならないことは、すでに米国で証明されています。

    鎮痛剤オピオイド問題、経済や産業へも大きな影響(米国)
    https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/864c7f53070324bb.html


  • 高田 敦史
    badge
    A.T. Marketing Solution 代表 VISOLAB(株)CMO マーケティング、ブランディング

    国によって色んな考え方があって当然。ドイツの中にも反対意見もあるようですし。

    塩崎さんが書かれておられますが、今回のドイツの決定は「合法的な大麻を管理して流通させれば違法な麻薬の流通は減る」という考えに基づいています。一方、(これも塩崎さんコメントの通り)米国ではそうならなかった。

    大麻の体験率は米国、フランスが40%程度、ドイツ、英国が20~30%程度に対し、日本は2%程度と圧倒的に低い。そんな中であえて合法化する必要はないと思う。

    ただし、ドイツが合法化したことも含めて、ネットの生半可な知識で若者が手を出さないように、しっかり議論だけはしておいた方がいいと思う。


  • 伊勢 康太郎
    PDJ Indonesia Founder / CEO

    まぁそうでしょうね。 アルコールより全然安全でしょう。 タイの大麻の駄菓子屋 (D2Cストア)に投資しております。
    https://shop.weedhub.asia

    どなたか興味ある方はご連絡を
    Twitter - https://twitter.com/kotaroise?t=khKQ739R0TkjssZpOfUqyQ&s=09


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか