• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

AI契約書審査サービスが開けた弁護士法の「風穴」

東洋経済オンライン
60
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    SOMPOインスティチュート・プラス株式会社 企画・公共政策グループ 統括上席研究員

    従来、テクノロジーの進化によって、単純作業が機械に置き換わるという考え方が主流でしたが、いわゆる「高度な仕事」と分類され、機械に代替されないと考えられていた領域に、AIが進出してきました。士業が代表例で、本記事は弁護士についてですが、他の士業についても早晩、同様のことが起きると考えられます。労働需要・産業構造は変化するでしょうし、ヒトの労働の付加価値は何なのかが問われてきます。私は、「問いを作る」ことがこれから大事になるのではないかと思っています。


  • badge
    東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士

    法令や法解釈が変わったという話ではなく、従来から存在する解釈論の幅の中で、一定の内容について、法務省がお墨付きを与えたという話だと思っています。したがって、別に新たに「風穴」が開いたわけではないですね。

    ただ、こと「法務省」という省庁が、今回のようなかなり踏み込んだ内容のガイドラインを公開したことは非常に意義のあることですし、日本政府として、AIの利活用を推進させてたという大きな意志が感じられる出来事だったように思います。


  • badge
    POSTS 代表 / 新刊「生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方」

    AIが契約書の作成やレビューを行うことが違法にならないということが法務省から正式にお墨付きが出たとのこと。

    今までは「非弁行為」にあたるリスクがあるため敬遠されていたが、今後AIによるリーガルテックはかなり加速しそう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか