• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ハリウッド俳優労組、スト決行へ-スタジオへの打撃強まる

252
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    Amazon Web Services, Inc. 金融事業開発本部 コンテンツ日本リード

    アメリカ人のいいところは、おかしい時はちゃんと物を言うところ。私が日本のテレビ制作会社で働いていた時は、今思うと、ありえないぐらいの安月給でした。下請けの社員とかは正社員の倍ぐらい働かされても、給料は3分の1。ベネフィットもなし。なぜ。ありえない搾取状況でしたが(今でも変わってないと思いますが)、誰も何も言いません。

    アメリカでも改善しなくてはいけないことや、エリートがお金もらいすぎ、という現実はまだありつつ、映画やコマーシャル制作でも、ユニオンに入っていると、働いている人は残業時間は毎時間時給の2倍を払う、とか、これは仕事としてやっていい、やっちゃいけないみたいなルールがちゃんとあるんですよね。作る側としては面倒臭く思えるようなこともありつつ(ユニオンのルールを遵守しなくてはいけないので)、こうやって働く人が守られてるのはいいなと思いながら日本のテレビで働いていたことを思い出しました。


  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    SAG-AFTRAというのは、「映像俳優組合-全米テレビ・ラジオ・アーティスト」ですが、ストリーム配信なども含むし、今回は脚本家や製作スタッフもストライキに参加しています。
     「ハリウッド俳優の労組」というよりも、ずっと広い範囲の労働者が加入しています。

    ストライキの理由は、SAG-AFTRAは、全米のAMPTP「映像・テレビ企業協会」との間に労使協定がありましたが、その労使協定の期限が7月14日に切れるのに際し、更新の交渉で妥結できなかったことです。

    AMPTPには、ディズニーもワーナーも、ABCもFOXも、NetflixもAmazonも、主だった全米のメディア・コンテンツ企業は加盟しています。

    労組側が激しく反発している理由の1つは、AMPTPから出ている提案、「これまで制作された全ての映像コンテンツをAIに学習させ、今後のコンテンツ制作に活用していく」というものです。

    労組委員長フラン・ドレシャーの演説
    https://twitter.com/nowthisnews/status/1679574450084237312


  • badge
    株式会社ナウキャスト 取締役会長

    彼らがなぜストライキを行なうのかこの翻訳記事ではよく伝わらないので、オリジナル記事を読んでみたら、

    Both SAG-AFTRA - Hollywood's largest union, representing 160,000 film and television actors - and the Writers Guild of America (WGA) are demanding increases in base pay and residuals in the streaming TV era plus assurances that their work will not be replaced by artificial intelligence (AI).

    ということで、極めて現代的な理由だということがわかりました。

    ・ストリーム配信番組のギャラが低い
    ・AIによって今ある仕事が置き替わらないようにしたい 

    日本語に要約して翻訳するときに、こういう肝心な部分をちゃんと拾ったら記事に価値が出ると思う。これは記者(翻訳担当者)のリテラシーとセンスの問題です。こういうことができないと彼らの仕事はAIに置き替わると思う。

    記事原文は↓
    https://www.reuters.com/world/us/hollywood-actors-union-sets-strike-vote-thursday-talks-break-down-2023-07-13/


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか