新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
<追記>コメントで書きたかったのに書けなかったことが多く書かれていて助かります!Makinoさんが書いているように、EVなどZEV専業メーカーのビジネスモデルのもう一つはクレジット売買。規模が小さく開発コスト的に厳しくてもブランドあるところは、ZEVメーカーにブランド貸しなども出てくるかもしれない。あと緋色さんが書かれているように、メーカーの参入数もポイント。液晶とプラズマの戦いを思い出すが、多くのプレイヤーが参加したからこそ液晶の技術が一気に上がった。一方で、最初から多くのメーカーが期待すると、企画争いに終始して立ち上がらないこともあるので、そうならないことを祈る。<追記終>
自動車は歴史が長い事業で、イノベーションもこれまで多く発生してる。アップルカーやグーグルカー、またテスラも話題になる中、現状のファクト中心に整理しました。未来は分かりませんが、分からない未来を予想するためには歴史から学べることは多く、また自動車では規制動向をしっかり見ることはとても重要。
アップルがテスラを買収して、アップルの社長にイーロンマスクがついて、テスラとアップルの技術を融合した車を出すってシナリオがあればいいのに。
環境規制と環境対応車の経緯と現状が分かり易い。
HVはトヨタ主導で市場拡大したのに対して、EVは初期から複数社参入しているのも、立ち上がりの早さに繋がっていると思う。そう考えるとPick3の図にあるように、プレーヤーの多いFCVの普及はEVより早く広いっていうのも、水素インフラの普及次第とはいえ、あり得る話。

GMは破綻するか否かでマスコミを賑わしている時でさえ、世界各地でFCVの実証実験を続けていた程で、アメリカの政策上、次世代環境対応車の長期的本命はFCV。
意外だったのはPick3のCARBの検討資料。当時はFCVが割合多かったですね。しかし、技術とはすごいもので3~4年経った今では、この比率がどう変更されるか、最新の資料を作ってみてほしいものです。

私は、まだFCV,EV切磋琢磨して技術競争してほしい人間なので、EV陣営もFCV陣営も試行錯誤のニュースを楽しみにしています。
TOYOTA ミライの未来は明るいな。カリフォルニア州の2050年環境ゴール達成のための車種別比率でFCV(燃料電池車)がすごい伸びている。これは意外な発見!
アップルカーの話題で盛りがるエコカーですが、その中で今週一番気になった記事はWSJのこの記事『米で電気自動車の中古価格暴落-日産リーフなど』エコカーの開発競争はとても面白いが長期的に考えて市場に与える影響や問題点が出てきている。開発以外の分野でも課題は多くありそう。
https://newspicks.com/news/849372/
↓ 知りませんでした。これはとても興味深いファクトですね。文中のグラフもみると、なぜFCV
を本命とするか、納得する部分があります。

「まず米国の環境規制の構造として、米国最大の自動車市場であるカリフォルニア州のものが基準となる場合が多い。これはCARB(California Air Resources Board)…」

「加えてCARBの2011年11月の検討資料を見ると、当局が長期的には燃料電池車(FCV)に期待を寄せていることが伺える。」
教材に使用させてもらいます。マスキー法の故郷はカルフォルニアでしたか?
分かり易い俯瞰記事。新規参入先にとって規制動向は非常に重要。特に、自動車のような値が張る耐久財かつ安全が問われる商品は。そうするとロビー活動が重要に思うが、グーグルなどの新興企業はその辺、どの程度長けてるのだろうか? 専門家雇えば済みそうだし、ロビー活動もやりきりか。
あのアップルでも、自動車産業への参入は険しい道のりだと言うしね。

新たなイノベーションを起こせるか。

長い目で見ていくべき。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
265 兆円

業績

旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.70 兆円

業績