新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後の一文、規模感の認識は重要。そして、そこを増やそうとすればサプライチェーンの構築はとても時間がかかる。Appleの生産に関する知見はとても高いと思うが、自動車メーカー各社が数年単位で開発したりするのは、研究自体だけでなく量産体制を整えるにも時間がかかるといった理由もある。100倍かは分からないが難易度は間違いなく高い。
まあ、既存の自動車メーカーよりもシンプルにやるだろう
アップルが自動車全部を作らなくても、ソフトの開発だけで良いとも思う。いまは、ひとつの車にエンブレムは一つしか付いていないが、複数のエンブレムが付く自動車があっていいと思う。F1なんかは「マクラーレン・ホンダ」な訳だし。
しかしTESLA見てると、参入障壁はだいぶ低くなったと思う。
1780億ドルもの現金を使ってどこか買収して時間を買う、という戦略もありそうな気が。
TV出演時にApple is a product companyとCEOが明言しているだけに、車をやるなら車体本体の設計からやるのだろう。
製造は委託かもしれないし、年数万台の内は内製化してノウハウ深めるのもありかもしれない、テスラの様に。
そうすると、更に気の長い話に成りそうだが。
現状では、EVよりも各社ともPHVに熱心に取り組んでいる状態。EVのシェアは設備も含め極小です。それはヨーロッパのCO2排出量制限においてモーターを付けてるだけでかなり優遇されるというある種の制度欠陥的抜け穴のせいでもあるので、こういった業界がある種怠慢な状況にベンチャーが一石を投じるというのは非常に重要だとも思います。
ただ今のところ、取り敢えずはテスラがAppleも含めた新興メーカーにとってのモデルケースであることは変わらないかなと。Appleに期待するよりは、テスラをまず応援したいです。
今回はソフトによる水平分業目指すのかな?そうしたらアップルとしては珍しい。それとも、1社協業だけで垂直統合やるのか?

どちらにしても、「デザインだけでEVが成功する確率が高まるわけではない」通説を覆してほしい期待感は満載。
アップルの溜め込んだキャッシュとデザイナー、エンジニアの作る車がどういうものかすごく楽しみ。
本当に参入するかな?やるなら、Apple watchのような中途半端な事業で終わらせるわけにはいかないね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
149 兆円

業績