307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ZOZOが安泰か?と言われるとYESではなく、次の成長エンジンがなければ鈍化していくでしょう。規模があったとしても在庫リスクのない委託販売では、何かしらのサービスレベルの上限は出てきます。また、新規獲得も限界はあることを考えると…単なるECだけでない方法論が必要になるでしょう。マルチサイド型か事業の軸を増やしていったAmazonの秀逸さが際立つと感じます。
今のところ完全に国内主体のZOZOと既に海外が成長を牽引しているUNIQLOを比較して「迫る」と書かれてもなんだか、、、という感じでしょうか
 
RakutenとAmazonを国内ECだけで比べないですよね
 
今のところ、戦っているフィールドが違いすぎるし、SPAとプラットフォーム比較するのもなんだかっていう強引な感じかなぁと
ZOZOが着々と成長しています。アパレルECでは一強という感じすらします。
さあ、どうなるでしょう?
衣料および生活雑貨を取り扱う主幹ブランド「ユナイテッドアローズ」などを展開するセレクト編集型SPA。アクセサリー「クロムハーツ」のブランドビジネスも。
時価総額
541 億円

業績

大手アパレルメーカー。23区、組曲、自由区、五大陸などが主力ブランド。百貨店が主力チャネル。オムニチャネル化、グローバル化を掲げ、アジアに注力。
時価総額
828 億円

業績

インターネットショッピングモール「楽天市場」を中心に、旅行予約サイト、ポータルサイト、電子書籍や各種デジタルコンテンツサイトなどを運営。FinTech事業では、楽天カードを中心に銀行、証券、電子マネーなどの金融関連サービスを手がける。楽天エコシステム(経済圏)のオープン化を推進。
時価総額
1.61 兆円

業績

国内最大のテーマパークである東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営。ランドとシー両パークの刷新や拡張のための開発投資を継続。新エリア開発などリゾート全体の価値向上に取り組む。
時価総額
10.1 兆円

業績

国内最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営。受託ショップの売上が中心だが、古着の取り扱いやフリマにも注力。コーディネイトアプリ「WEAR」も世界で展開中。商品取扱高の拡大と利用者数も好調に伸長。
時価総額
1.03 兆円

業績

「ユニクロ」や「ジーユー」などの、SPA型低価格衣料専門店を展開。特に中核事業であるユニクロは中国・アジア地域を中心に出店を加速。世界でも上位の売上高を誇る。
時価総額
13.3 兆円

業績

Accenture is a leading global IT-services firm that provides consulting, strategy, and technology and operational services.
時価総額
34.1 兆円

業績

Inditex is a multibrand fashion conglomerate, founded in 1985.

業績

中古車買取首位。卸売を中心としてきたが小売強化、直営店を拡大。日本から輸出する形で海外事業も展開。
時価総額
944 億円

業績

2021年に旧ZホールディングスとLINEの統合によって誕生した持株会社。傘下にヤフー、LINE、ZOZOなど。直近は戦略事業と位置付けたFintech事業を強化。
時価総額
3.23 兆円

業績