147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も、ラズパイとの提携に関するリリースのメールが来た時、「おっ!?」と、かなり興味を持ちました。
やはり、わかる人には興味がありますよね。

来月にも同社のしかるべき責任者に取材予定です。
なので、記事配信の日までは、メディアの皆さんからあまり注目されませんように(笑)
就活の時に、SONYがエッジAIに注力しているのは伝わってきたけど、それを加速させる面白い動きだと思いました!
こっから展開する技術に注目したいです。
期待大ですね!個人的にはヒアリの行動、ミツバチの活動の研究などに使っていて、データを処理するのが苦手なのです。ソニー参入で「機器内でのデータ転送量が増え、処理時間が増える…管理の手間も必要になる」のは嬉しいですね。より活用する機会が増えそうです!
出資額は公開されていないが、「少数持分出資」(ソニーSS広報)とされているそうです。

「ソニーセミコンダクタソリューションズ、英Raspberry Piへ出資~エッジAIソリューション開発の発展に向けた戦略的協業体制の構築~」
https://www.sony-semicon.com/ja/news/2023/2023041201.html
結構面白い出資になりそう。
これは嬉しい。敷居が下がった。
エッジAIへの投資は加速すると思う。なぜかといえばchatはどれだけ投資しても人間語の話者を頭打ちとしてそれ以上のノード数を超えない。そしてインプットアウトプットも人間の読み書きや聞き話しのスピードを超えられない。人類が全て聖徳太子に変化して並行して10本の処理を並列したとしても1000億ノード程度だし寝ている間の全てを費やしても1日に15-6時間程度しか使えない。エッジAIはというと人間が寝ても覚めても、たとえ火の中水の中で働き続ける。エンタメ用途とかで高単価な一握りを習うならチャットだけど博打要素が強い。普通に生産力と開発力を有するメーカーであればエッジAI重視だろう。一握りのエンジニアはプロンプトエンジニアリングなどで更に生産性を高めるなど恩恵があるかもしれないが合意形成など人間が人間と話さないと仕方ない部分は多くチャット技術(コグニティブ)を利用できるシーンはかなり限定的ではないかと。