• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

無印良品、台湾で大躍進を始めた知られざる経緯

東洋経済オンライン
28
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • WithMetis 代表取締役 理学博士(物理学)

    無印良品は、中国大陸325店舗、香港19店舗、台湾58店舗、韓国40店舗と、東アジアで、大きな存在感があると言えそうです。
    https://careers.muji.com/jp/recruit/about/data/


  • webディレクター

    日本では板橋南店でみられるようなESGの取り組みを台湾で試した形ですね。

    日本では人口40万人くらいの商圏に5~600坪の大型店を出店して、その周辺に300坪くらいの店舗を10店舗くらい衛星のように配置し、さらに無印500のような専門店、小型店を配置することで生活密着型の展開をする方針です。

    今回の店舗は商圏人口10万人くらいとのことなので、実際の収益性がどうなっているのか懸念があります。
    また、日本と同様に300坪クラスの店を展開するのか、それとも既存の150坪の店を改修して専門店、生活密着店として活用していくのか、今後の展開にも注目です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか