新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国は住所地に応じて課税総額が変わる。一定以上の期間、別の州で仕事をするとその州に納税義務が生じる。そのため、異なる住所で勤務した場合、その勤務した場所を申告しなくてはならず、これが結構面倒。このプロセスを税務側は省略できない。また、リモートワーク固定の方は基本的なその人の住所が勤務地となるため、これまた会社は都度申請しておかなくてはならない。そのため、会社は住所地や勤務地の把握は必須となる。
自由な働き方、はアメリカでこそ実現されるような印象もあるが、実際にはそんなことはない。
オフィスで働くことで雑談が生まれ、そこから新しいアイデアが生まれる、ということはある。リモートだけでもなく、出社必須でもない、ハイブリッドワークはある意味理想かもしれない。
現在は出社とリモートが分断され過ぎています。
本来、何かしらのソリューションがここを解決すべきなのですが、ブランド力があり、オフィスに力を入れている海外の大企業は「オフィスに戻す」という一時的な解決策に甘んじてしまっています。
合わない社員は勝手に辞めていきますしね。

ただ、週○日出社という働き方では働く場所の柔軟性は無くなりますし、○日出社の全てが出社に適した業務時間なのかというとそうでないはず。
本来は、個々が業務内容や気分によって出社とリモートを選べ、どの環境であってもソリューションが各働き方の欠点を埋めてくれる。そのような環境が理想であるはずです。

まさに弊社はそのような環境に近づけるソリューションを提供しており、現在品川にてハイブリッドソリューションが体験できる展示型リアルオフィスを設けております。
事前予約制で見学ができるので、興味のある方はぜひご予約ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000058507.html
今後のテック業界の働き方のトレンドとして、それぞれの社員に在宅勤務もしくは最低週3回程度の出社をするか選択させる流れが多くなると思います。

その社員が全くオフィスに来ないのであれば、会社はその人の席を確保する必要はなくその分不要なオフィススペース閉鎖でコストを削減するチャンスができますよね。社員にも選択肢を与えておけば納得感があるし Face 2 face に戻りたければそうすればよいのかなと。
Appleの出勤・リモートの使い分けの仕方がわかることに加えて、Airbnbなど他社の状況もとても良く分かります。

リモートワーク仲間の友人が今年になって一気にオフィス通勤の頻度が急に上がって変わったなと感じています。Appleのような感じで出勤する曜日が決まっていたのですが、それ以外の曜日でも出勤があるようになりました。
自分のチームでも最近オフィスへの出張のルールを話し合ったところで、変わってきているなと感じています。
TPOに合わせて、フレキシブルに働くこと、指標は生産性。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
390 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.11 兆円

業績