• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

プレミアム会員限定の記事です
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

  • オリジナル記事 7,500本以上が読み放題

  • オリジナル動画 350本以上が見放題

  • The Wall Street Journal 日本版が読み放題

  • JobPicks すべての職業経験談が読み放題

今すぐ無料トライアル
学生の方はこちら
法人プランはこちら

コメント


注目のコメント

  • 泉田 良輔
    株式会社モニクル 取締役

    サムスンと日本企業の決定的な差は情報に関しての感度。サムスンは情報をとることだけでなく、その情報の鮮度と継続性、また真偽の確認に手間を惜しまない。それもトップの情報の意識の高さによるものであろう。ただ、最後はあらゆる場面で資金調達力で決まるところが多い。サムスンが減益で日本の電機メーカーのような「いつか来た道」と見る向きもあるだろうが、資金をためたサムスンの動きは異業種の競争のルールを変えるには十分だ。世間はいまだに電機とか自動車とかICTとか業種を分けたがりすぎ。金融の一部がネットに大きく吸われたように、今後はハードも異種格闘技戦が展開されるだろう。


  • 佐々木 紀彦
    PIVOT CEO

    サムスンが自動車会社を買収するとなると、どこが候補になるのでしょうか?参考までに、SPEEDAから最新の時価総額ランキングを抜粋してみました(単位は100万円)。

    1,トヨタ自動車 26,130,591
    2,Volkswagen 13,002,498
    3,Daimler 11,499,521
    4,BMW 8,297,267
    5,フォード 6,758,343
    6,本田技研工業 6,486,725
    7,GM 6,300,129
    8,SAIC 4,723,990
    9,日産自動車 4,595,307
    10、Hyundai 3,830,892
    11、Audi 3,698,770
    12、富士重工業 3,363,583
    13、Tesla Motors 3,042,377
    14、China CNR Corporation 2,989,341
    15、Tata Motors 2,942,151
    16、Renault 2,762,645
    17、Maruti Suzuki India 2,150,624
    18、スズキ 2,107,294
    19、Great Wall Motor Company 2,067,400
    20、Kia Motors 2,011,967


  • 梅田 優祐

    面白い。サムソンに「インテリジェンスチーム」なる機能があるとは知らなかった。そのインテリジェンスチームがスマホの次に標準をあわせているのは、IoTと自動車かな。減収減益とはいえ、まだ日本の電機メーカーが束になっても叶わない利益を出しているサムソン。3兆円規模の営業利益と蓄積された6兆円のキャッシュを今後どのように活用して行くのかとても興味深い。


アプリをダウンロード

この記事の著者 / 編集者


  • 泉田 良輔
    株式会社モニクル 取締役

この連載について


アナリスト 最新ニュース分析
アナリストがビジネスニュースの裏側を解説。ニュースの読み方が変わる?
この連載の記事一覧へ

新着オリジナル記事


配信メディア


  • アナリスト 最新ニュース分析

今日のニュース


関連する企業


NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか