• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【必見】1万円を100億円に変えた、非常識な成功哲学

NewsPicks編集部
408
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    慶應ビジネススクール 教授

    前半にさらっと書いてありますが「失敗の最大の要因は、資金が尽きること」という点は、当たり前ですが意外にしっかりと抑えられていない気がします。だからこそ金のなる木がある企業は新規事業に取り組める(逆に規律が甘くなることもありますが)。クリステンセン教授の「Patient for growth, impatient for profit」にもつながります。


  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    前提は『同じ轍を二度と踏まないよう工夫するようになります』。
    これは、一度した失敗を防ぐために工夫をすることでもあれば、成功しない原因が挑戦をしないからということに気づいて挑戦する工夫をすることでもある。

    最近難しいと思うのが、人それぞれ、その認識や工夫が違うということ。
    『やろうと決めたらパッと行動に移し、失敗したら学びに変え、もう一度パッと行動する。特別な能力を持った人間ではない私が、それでも現在の立場にあるのは、極端な話、これを実践してきたからです。』
    木下氏の場合は、行動を制御できる能力が極めて高度で、それが特別な能力なのではないかと思う。センスとかではないかもしれず、なぜそうするのかは説明はできる。一方で、説明できると実際にできるは違う。

    成長支援や、世にある自己啓発本の難しいと思うところはここらへん。
    自分自身、説明ができることは当たり前で再現性があることだと思いがち。一方、ほかの人に説明をされても、何とも腰が重くて動かない、といったタイプのことは少なくない。だから説明可能性がある=再現性がある、ではない。
    個々人の個性と組み合わせて、選択をしたり、成長支援をすることが必要。とはいえ、それぞれの仕事に必要な水準の「当たり前」はやはり一定あると思い、それがフィットしているかの見極めは個々人の人生をハッピーにするためには重要だと思う。
    そこが合っていないと、制御すべき行動が制御されず、失敗を繰り返し、本人も周囲も辛くて悪意がないのに幸せになれない。


  • 株式会社NewsPicks 特約記者

    昨日に引き続き、北の達人コーポレーション代表・木下勝寿さんに、『時間最短化の法則、成果最大化の法則』の内容を参考にしながら、最速で最大の成果を上げるノウハウを教えていただきました。

    木下さんが手元資金1万円で起業したところから、現在に至るまで、どのような思考アルゴリズムで事業を育ててきたのか、それらは私たちの日常生活にどう応用できるのか。

    詳しくは、ぜひ記事をご覧ください。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか