今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
再掲します。12月から1月上旬までのテック企業のレイオフ。

Tech Layoffs III (Dec-Jan 4, 2023)
Amazon: 18k (6% corp)
Salesforce: 8k (10%)
Doordash 1250 (15%)
Kraken 1200 (30%)
Vimeo 130 (11%)
Airtable 250 (20%)
Plaid 260 (20%)

150k+ in just 2022. Holiday season might be coming to an end, but winter isn’t going anytime soon.

https://twitter.com/debarghya_das/status/1610946444265152512?s=46&t=-DSFJ4RR9lu46TCbdLtV4g
米国:高給で解雇あり
日本:薄給で解雇なし

ただし、日本を「薄給で解雇あり」にしてはいかん。

日本は「高給で解雇あり」「中給で解雇ちょっとあり」「薄給で解雇なし」の選択制にしたらどうか。
一万人といえば随分と大鉈を振るっているように聞こえるが、それが従業員総数の5%だと知れば、むしろ健全な新陳代謝の範囲内での人の出し入れであるといえそうです。過剰に騒ぎ立てるようなことではないでしょう、
ここらへんのエンジニア、さすがに給料もらいすぎよね。日本は安すぎるけど、GFMAはやりすぎ。
日本の企業において、DXにしても今後エンジニア、IT人材不足でアウトソースをしてもコミュニケーションなどで求めていたものが創造できない時が増えそうなので、日本に来て、インハウスとして雇用してもいいのかなと思うのですが、グリーンテック絡みの企業へ皆さん行かれるのでしょうか。。
割と頻繁に「アメリカは解雇のリスクがあるから給料が高い」というコメントを見かけるのですが、どこから来ているんでしょうか。日米企業の給料の差は、物価の上昇率・企業の成長率・人件費率等で決まるのではないかと思います。あとは職種別の労働市場における需給もですが。雇用の流動性が高いから、キャリアアップや昇給の機会が日本企業よりも多い、というのはあるかもしれません。
これで残りはGoogleですね。どれくらいの規模になるんでしょう。どの企業もとにかく高待遇で大量採用してたでしょから、巻き戻しが来るのは当然だと思います。退職金などで逃げ切れた人はラッキー。
景況が悪い時に切れるのは健全。そして今のアメリカなら切られた人もすぐに次の職場は見つかるだろう。

対して30年間この景況でも人が切れずに生産性を落とし続ける国もある。
AIバリバリのIT企業にもこんなに従業員がいるんすね。AIに仕事を奪われるというのは杞憂かもしれんすね w
一気にきましたね。でも、今が買い時という見方もあります。

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
263 兆円

業績

Meta is the world's largest online social network, with nearly 4 billion family of apps monthly active users.
時価総額
182 兆円

業績