144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想通りです。テクニカルには、あとTLTRO3の要件が修正されました。
10月初のキプロスでの会合でQTの議論が開始されたはずでして、今回の理事会でQTに関する突っ込んだ言及があるかと期待していましたが、従前の時間軸が踏襲されたかたちです。
あとは会見でどういった内容の発言が出るかですね。

追記します。会見の問答からして、唐鎌さんが指摘している、APPとPEPPの扱いの違いについては、素朴な疑問を抱きました。この整理を12月理事会までにつけるのでしょうか。
とはいえ、思ったほどタカ派ではない声明により、利上げペースのピークアウト感を漂わせる織り込みになりましたね。
まだぬか喜びは禁物ですが、ここ元の海外中銀のハト派化シフトが現実のものになれば、ドル円は先般の150円越えがピークになるかもしれないでしょう。
APPで購入した資産について再投資を停止して、PEPPで購入した資産について再投資を柔軟化させるという構図に至った場合、究極的な政策効果は引き締め的なのか。それとも緩和的なのか。政策に色はあるがお金に色はないわけで、政策間の整合性が問われる局面に入っていくように思えます。

利上げに関しては75bpに加え、あと3回が既定路線であり、材料にはならないでしょう。
今朝のテレビでは諸般の事情で詳しく触れることができませんでしたが、TLTRO IIIの条件変更による返済の促進を先行することには、APPによる保有資産の圧縮に比べて長期金利への影響が少ないとの判断や、担保不足への対応という別な意味合いもあったことが推察されます。

また、APPとPEPPのいずれを優先して削減すべきかという点に関しては、ECBの立場に立てば、PEPPは元々金融政策の波及メカニズムの確保-端的に言えば域内国債の利回り格差の抑制-が目的の一つであった以上、金融引き締めの過程でも再投資の柔軟化を通じて活用する可能性がある以上、順番を劣後させていると理解できます。
大方の予想の通りです。マーケットもすでに織り込んでおりボラティリティは高すぎることなく推移しています
ただインフレ抑制にどこまで効果があるかに疑問もありますので、インフレ率には引き続き注意が必要です
ECBは、政策金利を0.75%引き上げると決定。通常の3倍となる大幅利上げは、前回9月から2会合連続となります。
https://www.ecb.europa.eu/press/pr/date/2022/html/ecb.mp221027~df1d778b84.en.html
日本だけが利上げをしないままとどまっています。

欧米ほどインフレ率が高くないので必ずしも悪いことではないと思いますが、対ユーロでも円安が進行するのではないかと懸念しています。
ECBの0.75%幅利上げは織り込み済みで、米GDPのほうに反応しているようです。
前回、わざわざ今後の利上げについて、2回から5回とか市場に情報を与えておきながら、今回はいきなり、それを引っ込めた。更にQTも議論していない。英国ショックで、中央銀行はかなりビビったかな。
これで円がますます安くなる

金融緩和しか能が無い黒田総裁は早く辞任した方が良い