117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゼレンスキー大統領は、「ロシアの大統領がプーチン氏以外の人物になった場合、もしくは、現在のロシア政府とは別に新たなロシア政府が樹立された場合には」その代表と会談することが可能である、と明示しています。

ロシア政府は、ウクライナ政府と交渉することは可能である、というのは従来からいっていますが、「ドネツク、ルハンスク、へルソン、ザポロージェの4州はロシアの領土である」ということを確定事項としてウクライナ政府が受け入れた場合のみ、という条件をつけています。
プーチンはいかにも余裕だという表情の裏側で焦っている、と受け止めました。①これ以上、軍人でない一般人を動員すると国内が保たない、②ウクライナ戦争が泥沼化して、かつての米国のベトナム戦争のようになるとロシアの経済が保たない(長期戦になるほど西側陣営とロシアシンパ陣営との経済力格差が勝負を左右しやすくなる)、ことを踏まえた会見だと考えるのが自然です。つまりこれはロシアの弱さの表れで、わが方としては、ここからが勝負だと考えるべき。日本もこの機にNATO加盟国なみの防衛費をまかなう安定的な財政基盤を確立し、国内の防衛産業(軍需産業)を国を挙げて育成支援し、大学などにおける軍事関連分野の研究を後押しし、新しい時代に対応し、その新しい環境でしっかり稼げる国に脱皮すべきでしょう。
これは、考えようによっては、日本にとってのチャンスではないか、と私は思います。
ウクライナ戦争は、日本が第二次世界大戦後に背負って来た、窮屈な制約から解放される、ある意味良いきっかけを与えてくれているのかもしれません。
この辺が明らかに落とし所だけど、ゼレンスキーはロシアの体制変更を条件にしているし、プーチンはクリミアはもちろん東部4州がロシアであることを条件としているので、両者にとって受け入れ難い隔たり。これをまとめ上げるには第3者のつようリーダーシップによる仲裁が必須。ただまとめ上げれるリーダーが見当たらない... そして核使用のリスクは高まる..
ウクライナ政府幹部に言われせれば「言ってろ、ボケ」くらいの感じでしょうか。

世界のインフルエンサーの心をつかむための工夫らしいのですが、イスラエル国防相のトップはツイッターでユーモアと悲劇をうまくブレンドしたメッセージを発信しています。

「この1週間で我々はロシア軍からの贈り物として数千トンの弾薬を受け取りました。我々は殺人者、拷問者、略奪者、強姦者からの贈り物を受け取らないことにご注意ください。近日中に、最後の砲弾に至るまですべてをお返しします」

戦場のロシア軍がショボいとわかったウクライナ軍は戦意高揚している様子です。
対話については常にオープンだといってもプーチンは4州をロシア領とするのが前提であるので、ウクライナのみならず西側支援国も認めるはずがありません。なぜこんな言っても無駄なことをプーチンは言い始めたのか不思議ですが、プーチンの思考を無理矢理考えてみると、これから冬を迎える欧州各国はエネルギー不足で困っており焦っているはず、先日のウクライナ全土へのインフラ攻撃でウクライナも困っているはず、西側の軍事支援もそろそろ限界に来ているはず、だからこのタイミングで対話を持ち掛ければNATO諸国の少なくとも一部はウクライナに対して対話に応じるよう促すはず、というところでしょうか。全てが自分に都合の良いようになるはずという、危機管理では最悪の思考形態をしています。いまだにプーチンのもとへはプーチンが喜ぶような情報しかあげられていないのかもしれません。この戦争では侵略戦争を始めたこと自体も含めて、重要なポイントでプーチンはことごとく誤った決断をしていますが、今回の発言もまた間違えています。
ロシア軍はミサイルを含め弾薬不足でイランのドローンに頼る始末。ウクライナが鹵獲した戦車など戦闘車両は西側が送ったものよりはるかに多く、動員した兵士は練度も士気も低いため有効な戦力にならず、国内では動員に反発する人たちと、ロシア軍のあまりの不甲斐なさに核を使えという強硬派の板挟みにあい、核を使えばNATOが本気で反撃するので怖くて使えずというように、プーチンはもはや詰んでいるといってもいい状況です。
ロシア側の筋書きは「我々と同じルーツであるウクライナを救済しよう」であり、本音は「(ソ連時代の腹心であり国境を接している)ウクライナがNATOに加盟するなんて絶対に許せない」ですからね。
あくまでもこちらは対話にオープンなんだぜ、ということでしょう。

それにしてもロシアは4州の併合を認めろとかNATOに加入しないと言えとか条件が多いのに、ウクライナは「プーチン以外となら」というシンプルな条件。
どっちがオープンかって話ですよね。
まあ、この後、秋の徴兵のシーズンがやってくるので、30万人の動員をやり続けると業務に支障が出ると言うことなのだろう。
佐藤優さんが、仰ってることだが、停戦の仲介者に「中立」はあり得ないようだ。例えば、中国が仲介に動くとしたら、ロシア側に立って交渉の妥協点を探り、米国が仲介者ならウクライナ側に立って交渉することになる。もっとも市場が停戦の可能性を意識するとしたら、中国が動くときだろうが、中国にとってロシア側に立って交渉することは、失敗した場合のリスクもある。ゆえに、なかなか動きにくい。しかし、党大会後の中国の外交は注目しておきたいとこ。3期目の習近平が、いきなり停戦をお膳立てしたら、来年のノーベル平和賞候補だ。そして同時に世界のリーダーが誰なのかを知らしめることになる。案外、動いたりして。
追い詰められたプーチンがゼレンスキーと会談したいと言うのはわかるが、会談するにはゼレンスキーにどんな条件を出せるのか。これを見守りたい。
国民動員で一気に求心力を失ったプーチン大統領。

「対話」という最後の手段で幕引きを考えているとしたら、喜ばしいことです。
ぜひとも、実現することを祈っています。