新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3連休なので、数年ぶりにガチコメントします。
現在の世界インフレと我が国のインフレは、
⑴各国の金融政策の足並みの乱れによるドル高/他の通貨安(短期)
⑵国家の分断による国際交易の後退≒良いデフレの終幕(中期)
⑶ESG(環境や人権への配慮)による資源価格の高騰(長期)
の合わせ技だと思ってます。
しかも、これらが相互作用と共振を起こしている。

日本のインフレ率なんて+3%ですが、欧米や新興国は戦後最大規模のインフレ(オイルショック水準に接近中)が起こってます。
おそらく、この流れは続きます。
上記の⑵と⑶が中長期の構造的変化だからです。
この中長期インフレは、国家、所得層、世代間の格差拡大と分断を引き起こします。
そんな中で、企業や個人が打つべき手立ては簡単ではありません(各々が立っている場所次第なので割愛)。
自国の通貨が弱くなるとはこういうこと
買えちゃいますからね、今なら。

実際日本に移住したくて不動産を買ってる海外の人はいいんですが、投資目的だったりすると誰が住むかわからないから怖いですよね。
マネロンに使われたり犯罪のアジトにされたり、不法滞在の拠点になったりカルト集団の隠れ家になったり…というリスクもあります。