新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国としては、この戦争の行方は、ウクライナはもちろん、リトアニアやエストニア、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア、チェコ、ジョージアといった国々からの信頼をつなぎとめるためにも決定的に重要です。
 戦争の結果が、ハンガリーやセルビアのような、ロシア寄りの国の動向も左右します。

米国の国務長官が今の時点でキーウにいなければならない事務的な要件は無いでしょうから、ウクライナ軍の反攻の成果を共有し、世界のメディアにとりあげてもらうことが最も重要な要件でしょう。

へルソン州で始まったウクライナ軍の反攻は、へルソン州では2週間たっても大きな成果が無いままでしたが、9月8日になって突如、より北方の別方面、ハルキウ州で見違えるような突進を見せました。
 50km以上の前進を果たし9月9日になっても前進を続け、あと20kmほど進めば、ロシアからハルキウ州への鉄道での補給線を断ち切ることができます。
 この切断を維持できれば、ロシア軍の主要な補給路を1つ潰すことになり、ロシア軍にとって致命的ではないにしても、ハルキウ州やドネツク州のロシア軍の作戦に大きな支障が生じます。
 戦争も、メディアで報じられてこそ戦果が政治的、経済的利益を生みます。
欧州諸国は首脳がキーウを訪れているが、米国政府の高官は初めて。いよいよウクライナの反転攻勢によるロシア軍の放逐が始まるということなんだろうか。
きっと武器支援などについてかなり詳しく話をしていると思います。
アメリカはほんとうに年間1000億ドルぐらいの武器を支援したら、金額上ではロシアの軍事予算より高く、理屈上ではウクライナを使ってロシアを撃滅することができるでしょう。
アメリカは本当に支援するかどうかわかりませんが。
ブリンケン米国務長官は8日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問。
「ウクライナのほかロシアの脅威にさらされる中東欧諸国18カ国に対する22億ドルの支援を実施すると表明」しているとのこと。ブリンケン氏のキーウ訪問は2月のロシアによる侵攻開始以来2回目で「」ウクライナ軍が東部にあるウクライナ第2の都市ハリコフ周辺の地域をロシア軍から奪還するなど、反転攻勢を強める中での訪問」となっているようです。
一方日本政府は、キーウの大使館に防空壕が無いなどとして、ポーランドに引きこもってます。
ウクライナの戦争で、アメリカはボロ儲けしてるだろうな