• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ロシア拠点ハッカーに日本人複数 世界最大、幹部が主張

共同通信
244
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 塩崎 悠輝
    badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ランサムウェア攻撃でパスワードを盗み、パスワードを変更して、それをネタに身代金を振り込むように脅迫する、という犯罪集団としかいいようのないグループです。
     ランサムウェア攻撃は、民間、政府機関問わず、世界中に仕掛けまくっています。

    バンダイナムコが、7月に、別のロシア系大手グループ、ブラックキャットにやられています。
     ブラックキャットは、先週、イタリアの国営エネルギー企業GSEのシステムに侵入して、データを盗んでいます。
     また、他の大手ロシア系グループ、ダークサイドも、昨年米国のコロニアル・パイプライン社にランサムウェア攻撃を仕掛けて、身代金を回収しています。
     これらのグループは、ロシア政府との関係は不明ながら、欧米のエネルギー企業を標的にすることが目立っています。それ以外の民間企業なども、片っ端から狙っているようではありますが。

    Suspected Russian Ransomware Group Hacks Italian Energy Agency
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-09-02/suspected-russian-ransomware-group-hacks-italian-energy-agency?utm_source=twitter&utm_campaign=socialflow-organic&utm_content=business&cmpid=socialflow-twitter-business&utm_medium=social


  • 塚本 幸一郎
    株式会社フジクラ 全社デジタル戦略ディレクター

    セキュリティハッカーには、大きく2つの定義があります。

    ・ハッカー(高度な技術を有する人)
    ・クラッカー(高度な技術を悪用する人)

    ハッカー自身は悪用する意思は持っていないのに、いつのまにかクラッキング行為を行っていたという事例があります。前述のようなことに巻き込まれないように、個々人がしっかりと善悪を判別する心構えを持つことが重要です。

    *説明が逆になっていましたので、修正しました


  • 鈴木 勉
    製造業/IT部門/システムエンジニア

    日本のような斜陽な国を話題に上げても仕方がないような気がしますが。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか