新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
官民一体でどんどん進めて欲しい。車は世界中で乗られてるが、自動運転の「テイスト」は、各国ごとに調整求められそう。ハンドルの右・左に始まり、各種交通ルールが違う。加えてどれだけスムース・乱暴なのかとか、文化的な部分もある。違う運転文化の車が入ってきたら事故増えそうだし。こういった点でも、ますますデータが重要。
何度もコメントしてるが、車は間違えれば凶器。だから昨今のリコールで浮き彫りになってるように、自動車はPCとかと求められる安全基準が全く違う(対象台数は2000万台とか。実際事故になってるのはせいぜい3桁)。だからGoogleとか制御部分に簡単に入れない。上記の好みと、ハード自体の情報やチューニングできるという観点で、実際はソフトメーカーより自動車メーカーの方が相当有利だと思う。それゆえ両陣営間で、建設的に分離した協業が早くできるといいのだが…
トヨタのライバルは、グーグル。 両者の未来の戦いを描く『Google vs トヨタ』はお勧めです。http://www.kadokawa.co.jp/product/321410000319/
「運転の自動化」を先に話題にしがちなのが気になります。運転が自動化されることで可能になる世界をイメージさせる言葉でこれを語れるようにすることが、日本の自動車関連産業が日々からコネクテッドカーで優位に立つためのマインド面のポイントだと思います。
さぁどこがOSとるのか。。僕は空の方で頑張ります。
貨物でも早く実用化してほしい。例えば、高速道路走ってる間は完全自動運転になったりすれば、長距離トラックドライバーのなり手とかも多少増えるだろうし、事故も減ると思う。


自動運転車は、制度的には、ガイドされていることから、鉄道に近い。それだけに部内関係者の調整が大変。
ワクワク感半端ない。想像してごらん。とキング牧師ばりに国の全面協力で世界を圧巻させて欲しい。

発展途上国でボロボロの日本車が元気に走ってる姿は、上の世代の日本人達を本当に誇りに思わせる。僕ら世代が何を残せるのか?こういう御輿があると、自分が自分の役割で頑張れるよね。
Google、トヨタ等だけでなく、自動車の電子制御に関わる企業にも注目したい。その中でもドイツのボッシュ、コンチネンタル、アメリカのTRWは要注目。
また、僕の見た感じでは自動運転の技術が一番進んでるのはGoogleで、次はアウディだと思う。
2030年に5兆円規模の市場ができるのであれば、今ある自動車メーカーではない企業が出てきていそう。
ジェット機も自動運転だから自動車もできよね。
私が歳を取る前に、自動運転になることを願う!
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.3 兆円

業績