• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【未来】もう一人の自分を複製、「デジタルクローン」の現実味

NewsPicks編集部
578
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 塚本 幸一郎
    株式会社フジクラ 全社デジタル戦略ディレクター

    オルツは4年ほど前にあるイベント登壇で知りましたが、その当時は「パーソナルAI」という言葉と価値観に違和感を感じました。ちょうど機械学習が注目されてきた頃に、「パーソナルAI」という言葉を聞いても「なんのこっちゃ」という感覚だったのです。

    ただ、今となっては理解できますし、時代の変容に合わせて同社の方向性も微修正を重ねてきたのかもしれません。デジタルクローンという概念はまさに今の時代にフィットします。


  • 清水 勝彦
    badge
    慶應ビジネススクール 教授

    これはすごい。でも本当に実現したら、誰も権限委譲なんてしなくなりそう。若手の育成なんてこともAIがやる時代が来るのでしょうか。McKinseyの記事にこんなのありました。
    People have long worried about being replaced by machines, but Tsedal Neeley says the true threat to job security in the digital age is other humans—namely those who know how to use digital tools.


  • 中村 香央里
    テクノベート経営研究所

    デジタルクローンの話を聞いたとき、まっさきに浮かんだのはパーマンに出てくるコピーロボットでした。
    もう一人の自分が、自分の声と言葉で話し、行動する。オルツは非効率な仕事、嫌な仕事をデジタルクローンが代わりにやるという思想から研究開発を続けています。

    記事内ではパーソナルAIが5人でイベントの振り返りをする動画を紹介しましたが、用意されたシナリオはなく、質問も返答も全てその場で各AIが考えて話しているものです。
    研究開発、倫理、哲学、資金…オルツ社の挑戦は果てしないですが、応援しています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか