新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年度の本予算に賛成した国民民主党は、今回の補正予算でも賛成に回った。経済対策における同党の立場が反映されたという判断からだろう。本予算の採決時には退席していた前原氏も、補正予算では賛成したということで、党として一致して行動したことになる。
国民民主党の補正予算案賛成がまた注目されていますが、政権の姿勢そのものを映す本予算賛成と違って、建前上、臨時の追加施策を盛り込む補正の場合は内容によりけりで野党も協力しうるという側面もあるんですよね。

国民民主党は、3年前の参院選と違って支持する連合の産別のいくつかが立憲に移っているので、基礎票は減っていると思われます。足らない部分は無党派層からとっていくしかなく、そうするとほかの野党との差別化が必要になる。注目される行動をとろうとする背景には、そうした事情もあるのではないかと思います。