• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ロシアがガス供給停止、欧州「脅迫」と反発 対応協議へ

REUTERS
124
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 神保 謙
    badge
    慶應義塾大学 教授

    金融制裁でドル・ユーロ送金と決済が制約されているため、ガスプロムはルーブル建てでの支払いを求め、これに対応できないポーランドとブルガリアへの供給を止めた。EU内にはすでにルーブル口座を準備して支払い体制を整えた業者(4社?)もいるらしい。
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-04-27/four-european-gas-buyers-made-ruble-payments-to-russia

    他方では4月上旬にドイツ当局が管理下に置いたGM&Tの支払い(ルーブル)をガスプロムは断ったという報道もあり、支払いをめぐる駆け引きは流動的だ。ドイツはガスプロム撤退を阻止するために政府が介入したが、ロシア側の意趣返しということだろう。
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-04-27/russia-rejects-german-gas-payment-from-seized-trading-unit


  • 塩崎 悠輝
    badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    「協調対応」とは何かというと、
     まず、ポーランドとブルガリアを含め、ヨーロッパ諸国は、2022年中は、ロシアとの天然ガス購入の契約が従来からあります。この契約を途中で破棄するといっている国はありません。
     今問題になっているのは、ロシアが、天然ガスの支払いをドルやユーロではなくルーブルで払うように要求し、その期限を4月下旬から5月上旬(各国ごとに日程が違います)に設定したことです。
     これはロシアによる一方的な契約内容の変更なのですが、期限までにルーブルでの支払いを行わなかった国には、天然ガスの輸出を停止する、とロシアは言っています。
     実際、ポーランドが期限までにルーブルでの支払いをしなかった、ということで、ロシアはポーランドへの天然ガス輸出を止めました。
     つまり、「協調対応」というのは、ヨーロッパ諸国が、期限が来てもルーブルでのガス代支払いはしない、ということです。
     ハンガリーは、ヨーロッパでもロシア寄りの国で、ルーブルでのガス代支払いを行う、と明言しています。
     ロシアは、イタリアはルーブルで払う、オーストラリアも、ドイツもルーブルで払う準備をしている、といったフェイクニュースを盛んに流しています。


  • 大場 紀章
    エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表

    4月1日にロシア側が提示したルーブル払いを拒否しているため支払いが行われず、通告通り供給が停止されたというもの。ポーランドとブルガリアが対象となったのは、たまたま支払期限がこの2国が早かったから。ポーランドとブルガリアは、それぞれロシアからのガス輸入シェアが45%、85%だが、春になりガス需要が縮小することと、ポーランドは米国産のLNGを大量輸入し、タンクの貯蔵率は76%と例年より非常に多いことなどから、当面のガス供給には問題がないと考えられる。もともと両国はガスの脱ロシアに長年取り組んできていて、ブルガリアは7月からアゼルバイジャンからの供給を受けるパイプラインが稼働する。また、他の欧州国がロシアから輸入したガスの融通を受ける可能性もある。また、既に欧州の4社がルーブルでの支払いを始めていて、10社が口座を開設済み。5月中には全ての国が踏み絵を踏まされることになるだろう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか