今日のオリジナル番組


詳細を確認
眼科検診が変わる!?新デバイスで挑む起業家
本日配信
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
英国が現時点で報告は最多ですが、他にもアイルランドやスペイン、米国でもアラバマからまとまった原因不明の子どもの肝炎の報告があがっており、感染症の可能性も指摘されています。

これらの子どもたちの中には、特定のアデノウイルスや新型コロナウイルスが陽性になっている子もおり、そういったウイルスと肝炎との関連も評価されています。

感染症以外にも、食物などから摂取される特定の成分、化学物質や毒素などの可能性も考えられ、まだまだ広い視野で原因の検索を続けていく必要がある段階だと思います。

現在は数十人規模の報告ですが、原因が特定されておらず、未報告の方も隠れている可能性が高いことから、報告はこの数字にはとどまらない可能性が高く、世界規模で慎重にデータを集めていく必要がありそうです。

肝炎は文字通り、肝臓の炎症ですが、肝臓は生きていく上で大切なものを合成したり、分解したりする役割を担っており、深刻な場合命につながる病気です。実際に、すでに肝移植が行われていることからも、深刻になるリスクの大きい病態であることが伺えます。例えば感染症であれば容易に入り込みうることから、日本でも注意して観察していく必要があります。
肝炎の原因はウイルス感染だけでなく、薬剤性でおこることもあります。
現時点ではなにもまだ論じることができないので、冷静に続報を待ちましょう。
WHOの疫学チームが各国政府と連携して詳細を調べているはず。WHOはこのようなアラートを年に数千と受けており、まだ何とも言えないため、精査を踏まえた詳報を待ちたい。
患者から従来のA~E型肝炎ウイルスは検出されていないそうで、患者数は8日、英国全体で計74人に増加。うち6人は肝臓移植を受けているそう。なんだろう気になる。研究が進むことを願います