• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

原因不明の小児肝炎、英国で相次ぐ WHOが監視

www.afpbb.com
131
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    マウントサイナイ大学 アシスタントプロフェッサー

    英国が現時点で報告は最多ですが、他にもアイルランドやスペイン、米国でもアラバマからまとまった原因不明の子どもの肝炎の報告があがっており、感染症の可能性も指摘されています。

    これらの子どもたちの中には、特定のアデノウイルスや新型コロナウイルスが陽性になっている子もおり、そういったウイルスと肝炎との関連も評価されています。

    感染症以外にも、食物などから摂取される特定の成分、化学物質や毒素などの可能性も考えられ、まだまだ広い視野で原因の検索を続けていく必要がある段階だと思います。

    現在は数十人規模の報告ですが、原因が特定されておらず、未報告の方も隠れている可能性が高いことから、報告はこの数字にはとどまらない可能性が高く、世界規模で慎重にデータを集めていく必要がありそうです。

    肝炎は文字通り、肝臓の炎症ですが、肝臓は生きていく上で大切なものを合成したり、分解したりする役割を担っており、深刻な場合命につながる病気です。実際に、すでに肝移植が行われていることからも、深刻になるリスクの大きい病態であることが伺えます。例えば感染症であれば容易に入り込みうることから、日本でも注意して観察していく必要があります。


  • badge
    産婦人科専門医 医学博士

    肝炎の原因はウイルス感染だけでなく、薬剤性でおこることもあります。
    現時点ではなにもまだ論じることができないので、冷静に続報を待ちましょう。


  • badge
    国際政治・危機管理アナリスト/医師 国際政治・安全保障・危機管理・医療・公衆衛生

    WHOの疫学チームが各国政府と連携して詳細を調べているはず。WHOはこのようなアラートを年に数千と受けており、まだ何とも言えないため、精査を踏まえた詳報を待ちたい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか