294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何かのシグナル、シンボル効果を狙ったのでしょう。

とはいえ、政治、経済、社会に広範な構造改革を要するEU加盟。EU加盟交渉は、はるかに長く険しい道です。ここでEUが政治的判断でウクライナのEU早期加盟を容認した場合、まずロシアを大きく刺激することが懸念される。

それに、ウクライナだけを優先すれば、西バルカンとの関係が泥沼化する必要がある。西バルカンにも親露派が少なからずいるし、ロシアもその勢力圏に入れたがっている節がある。

様々な意味で、また虎の尾を踏んでしまう危険性もある。まずは停戦合意に達することを望みたいです。
今回のウクライナの戦いはギリシア独立戦争に見立てる意見が最近台頭しています。

私たちはギリシアというとヨーロッパ文明の祖であり、ヨーロッパの一部だと認識しています。
しかし19世紀前ギリシアは長らく地理的にも文化的にも、オリエントに属しており、はるか古代の歴史を除けば、トルコの一部とみなされていました。

その認識が決定的に変わったのがギリシア人達がオスマントルコからの解放を求めて戦った1821年に始まったギリシア独立戦争です。
戦争当初、西欧列強はギリシアには極めて冷淡でした。
彼らはギリシアはトルコの一部だと考えていましたし、そもそもウィーン体制下で民族の独立を警戒しており、その意味でもオスマントルコの過剰な弱体化など望んでいなかったのです。

ギリシア人達は孤高の戦いを強いられ、敗北寸前まで追い込まれましたが、その戦いぶりにやがて西欧の知識人などが共感を示し、西欧から数多くの義勇兵がギリシアに集まることになりました。

やがてこれらの動きに突き動かされたイギリス、フランス、ロシアが戦争に介入。ついにギリシアは独立を果たすことになるのですが、何より大きかったのはこれによりギリシアはオリエントではなく、ヨーロッパであると西欧に認められるようになったことだと言われています。

今回のEUへの加盟申請に見られるように、もしかすると今回の戦争は、ウクライナがスラブではなく、ヨーロッパの一国となる道筋をつけたのかもしれません。
プーチンから見れば、軍事機構ではないが、西側の価値観を体現し、自由と民主主義を柱とする価値観を持つEU加盟国がロシアの隣にできることは望ましくないだろう。しかし、NATOとは違い、ロシアの安全保障を脅かすものではないとも見るだろう。EU加盟申請は黙認となるだろうな。
EU加盟は、ヨーロッパ議会での承認の上で、27の全加盟国政府が賛成することで可能になります。
 従来なら、ドイツなどの主要国でも賛成はしないでしょうが、この戦時であれば、賛成せざるをえないかもしれません。
 今の状況でも反対するとしたら、従来は親ロシア・親中国の立場がヨーロッパでも際立っていたハンガリーでしょう。そのハンガリーも、この戦時においては、ロシアを非難する立場を明確にしてはいます。
いま焦点になっているのはNATO加盟問題ですが、ポロシェンコ前大統領時代に改正されたウクライナ憲法には、NATOとともにEUの完全な加盟国になることも国家戦略として明記されています。
現実にはまずEUと加盟交渉をする資格を得るために満たさなければならない人権、市場経済、EU法順守といった基準があり、2004年に交渉資格を得てからも今だに加盟が実現していないトルコのような例もあります。現実にはすぐに何かが起きるものではありません。停戦交渉が動き出した矢先にあえてロシアを刺激する材料を持ち出した狙いははっきり見えません。

ウクライナとEUのこれまでの流れは、こちらの記事に詳しくまとめられています。

ウクライナとEUの関係はどこまで深まったか
https://globe.asahi.com/article/14291695
NATO東方拡大に激怒したプーチン大統領に対して「ならばEU加盟ならとうか」といわんばかりのタイミング。ウクライナ大統領のプーチン大統領へのメッセージだ。
NATO加盟よりもEU加盟のほうがロシアを刺激しないが、NATO加盟をほのめかして、ロシアを挑発し、戦争となりました。
ほんとうはこの緊急時期なので、ウクライナをEUに入れて、さらにNATOにも入れるべきですが、はたしてEUはウクライナを受け入れるのでしょうか。
このタイミングでの申請意図は何だろう。EUに加盟すれば、ユーラシア経済連合への加盟はしないという宣言にも思えてしまうけど、ロシアを煽るようなことにはならないのだろうか?
EU側は申請を受理するでしょうというか、せざるを得ないでしょう。ただ受理したからすぐに加盟できるわけではないので、実質的な意味はそれほどはないけれど、ウクライナに対する精神的な支援になることの意味は大きいと思います。
https://newspicks.com/news/6755349/
上記でコメントしましたが、ゼレンスキー大統領が、EU加盟の申請書に署名したとの事。