429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
戦況(日本時間2月27日11時):
ロシア軍は、開戦から3日目に入り、より徹底的な攻撃に方針を転換しました。
 最初の2日間は、ロシア軍は国境に集めた兵力の3分の1しか使っていませんでした。つまり、最精鋭で首都キエフ他、ウクライナ政府中枢を迅速に制圧し、無条件降伏を迫る、というスマートな戦争が、ロシアが望む最善のシナリオでした。
 しかし、各地でウクライナ軍の抵抗は激しく、首都キエフも完全制圧に至っていません。
 ロシア軍は、各主要都市を包囲し、重火器で都市を砲撃し続けるという、古典的な城攻めのスタイルに入りました。同時に、重爆撃機が都市爆撃を行っています。インフラも攻撃目標となり、電気や水道、ガスパイプラインを破壊することで、都市が抵抗する力を削ごうとしています。そのうえで、都市を占領していく見込みです。
・首都キエフは、3日目の夜間市街戦を耐え抜いてはいるようです。しかし、最初の2日間より、深く押し込まれています。
・キエフと第2の都市ハリコフをはじめ、主要都市は、ロシア軍の重砲撃と空爆に夜間もさらされ続けています。発電所、ガスパイプライン、ガソリン貯蔵施設なども、ロシア軍は優先的に攻撃しています。
侵略に毅然と立ち向かっているウクライナに世界が応えようとしています。

昨日ポーランドから多量の食料等とともにPIORUN対空ミサイルがウクライナに引き渡されました。
イギリスは対戦車ミサイル2000基を既に供与ずみで、更にデンマークも400基のロケット推進グレネードランチャーの供与を決定。
ずっとロシアよりだった、あのドイツでさえ政策を転換し、パンチャーファウスト3対戦車ミサイル1000基、スティンガー携帯対空ミサイル500基、燃料1万トンの供与を決めました。

アメリカは多数のジャベリン対戦車ミサイルを含む3億5000万ドルもの軍事援助を表明し、その他フランス、イタリア、ベルギー、ラトビア、エストニアなど多くの国が追随して戦力的に劣勢なウクライナを支援する方向に向かいつつあります。

安全保障を他国に依存している日本人は忘れがちですが、本来自分の国の運命は、その国に住む人達がその手で切り開くものです。
自国民が自国を護る意志を持って、初めて他者の力にすがることができるのです。

状況は決してウクライナに有利ではありません。むしろ依然として圧倒的劣勢といっても過言ではありません。
そしてこれからも多くの人達の犠牲も避けられないでしょう。
しかしもし奇跡が起こるとしたら、それはウクライナの人達の、自分の国を自分の手で護るという意志が招き寄せたものになるでしょう。

今私達が見ているのは、その意志を持った人達の戦いざまであり、いつの日か日本人もしなければならないかもしれない意思決定の姿なのだろうと思います。
ここで譲ったら、この後100年はロシアの言いなりです。
将来の為にも絶対に譲れないと思っているのだと思います。
しかし、徹底抗戦をするというのは犠牲が伴います。
ウクライナの将来のために死んでも良いと思っている人が多いのでしょう。
どんなに武力に差があっても、信念があれば戦えるのですね。
どこぞの国の指導者はアメリカ軍が撤退すると言った瞬間に、敵が来る前に亡命しました。
それと比べるとウクライナの指導者は全員が踏みとどまって抵抗しています。
犠牲が少なく、早く終わってほしいと祈りますが、ウクライナに頑張れとも思います。
ロシアの侵攻はどんでもないと思います。
ウクライナではこれ以上の死傷者を出さないことを祈念します。

早く30年前にはロシアはすでに社会制度の面では西側とまったく同じように改正し、いずれNATOの一員になるだろうと思いましたが、
まったくそうではなく、ソ連時代とほぼ同様西側には受け入れてもらわなかったです。
ワルシャワ組織を解散してもNATOは解散するどころか拡大し、ロシアと対立しています。
ロシアは社会制度、イデオロギーによって西側から排除されているのか、それとも地理的に排除されているのか、もうわかりません。回答は出ませんね。
ウクライナはNATOの一員になっていないのだから、ロシアの軍事侵攻がウクライナ国内に止まる限りにおいて米国や欧州諸国が軍事的介入を行う余地はない。よって物理的には、ウクライナ自身が徹底抗戦する以外に足下の軍事的事態に対応する選択肢がないのは明らか。日本の約1.6倍の国土と4500万人の人口を抱えるウクライナが戦場となれば、この戦争は長期化し泥沼化する可能性もあり、結果的にすでに各国が表明している経済制裁の効果がじわじわ効いてくるかもしれない。
こればかりは、他国の人間には、何も言えないだろう。
ゼレンスキー大統領の性格によるものだとは思いますが、恐らくロシア軍の士気が予想より高くないのではないでしょうか?
最も大きな誤算はウクライナの人たちの愛国心の強さなのだと思いますが、圧倒的な軍事力の差があり、欧米の兵力的な支援が見込めない中、経済制裁を中心に事態が収束に迎えるのかかなり疑問です。

軍事力でウクライナほどの中規模国が手に入ってしまうという前例が作られない様に、世界で協力して収束されられるといいのですが。。。。辛いですね。
【国際】これは心情的に理解できるものの、国民の生命・財産を守らなくてはならない為政者としては必ずしも合理的な判断とは言えない。(ただし、為政者としては「国民の自由」を守る義務もある)。このままロシアによるウクライナへの虐殺が進めば、国際世論から広く同情を集め、それによってロシアへの武力制裁を呼び起こす可能性に賭けているということなのだろうか?
実際に各国の制裁がどのようにロシアに響けば、侵略を止めるのかがいまいち分かっていません。

制裁されるのは想定内で動いていると思うので、それを飛び越えたペナルティを課さないと止まらないということなのでしょうか。

戦争を望まないロシアの民衆が各国の制裁に耐えられなくなり、プーチン政権を見限るという方法しかないのか。

それには時間がかかりそうで、その間に失われる命が増えていくのは心が痛い。