• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【Anker社長】同世代に4倍の差をつける最初の仕事の選び方

NewsPicks編集部
828
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 佐藤 留美
    NewsPicks編集長

    Anker猿渡歩(えんど・あゆむ)社長がもしもう1回就活するなら、どんな軸で会社や仕事を選び、どのように働くか? 
    ・「ラーン(学習)」と「アンラーン」を高速で繰り返す
    ・自分より優秀な人に囲まれなければ学びの密度は高まらない
    などのメッセージにも共感しましたが、とりわけ
    ・上司の下請け仕事をするな
    という教訓は、重要だと思いました。
    もちろん若手は上司からお仕事を振られることがたくさんあると思いますが、それと共に、自分なりの提案もしたいでしょうし、そのような提案を歓迎し奨励する企業が、成長できる環境と言えるのではないでしょうか。


  • 清水 勝彦
    badge
    慶應ビジネススクール 教授

    これだけ読むと、昭和の感じかもしれませんが、欧米で働くと「毎朝4時に起きてジムに行って、5時出社」みたいな幹部がゴロゴロいます。何が基準になるかという意味で、環境はとても大事です。


  • 角田 拓志
    badge
    株式会社モンドリアン メタバースエバンジェリスト

    組織の中で優秀とされる上司のなかには部下を「使い倒す」ことが得意な人も多くいます。とにかく的確な作業指示とスケジュール管理をすることができ、工場のラインのように効率的に組織を動かし、かつ自分はクリエイティブな発想で新たなものを生み出す。そういったデキる上司をもった部下は、恵まれているのですが、ある意味作業要員になりがち。あるいは「あの人は指示を出すだけで現場仕事をしない」のような愚痴をこぼしがち。最初は作業要員でいいのですが、そのうち上司の仕事を仕方を分解して参考にしながら、どのようにして効率的に組織を動かしているのかなどを学び、身に着ける視点を持つことが大事です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか