新着Pick
501Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サラリーマンとして4社、コンサルタントとして数十社の企業に関わって感じたことをお話しさせて頂きました。

大手かベンチャーで悩むのでなく両方の良い面を持った会社で働いて倍速で成長するという選択肢もあると思っています。
「苦手の克服に必死になるな」というのは、まさにその通りだと思います。
一方で、「必死になるな」は、「やるな」とは言っていない点も重要だと思います。例えば、ビジネス法務・会計・Financeなどは、事業責任者であれば一定量は必要な知識で、OJTだけではどうしても身につけにくいものです。経営者になると、更に歴史・美術など教養的な幅広い知識が必要となる場合もあるでしょう。

これらが「苦手」なのであれば、個人的にオススメなのは、早い年代で、学校などプロ講師から"適度に"学習しておくことだと思います。身が入らなくても、薄く浅くでも、一度かじった情報・知識は、然るべきタイミングで真に必要となった際に、比較的抵抗感少なくリカレントできます。
高校卒業後、松田電機工業所(自動車部品メーカー)からSUBARUに転じ、製造業のオペレーションを熟知しているという武器を持ってPwCコンサルティング、デロイト トーマツ コンサルティングでコンサルを経験し、今年、独立した山下良輔さん。

そのキャリアはNewsPicksの姉妹キャリアメディアJobPicksの記事に詳述されていますが(https://job.newspicks.com/articles/49)、今回は豊富な企業経験を持つ山下さんに、もしもう一度就活するなら、どこで何をやりたいか?について聞きました。

その答えは「大人ベンチャーに行く」という意外なもの。大人ベンチャーとは何か? そしてその理由とは?

・「社内MVP」や「売り上げナンバーワン」はコスパの悪い実績
・苦手克服はマイナスがゼロになるだけ
・「どこの会社にいたか」より「何をしていたか」が重要

など山下さんならではのメッセージが満載の語り下ろしです。
私も「他の人がやらない仕事」をやってきました(※正確にはやらされてきました。狙ってやってたとかいうカッコイイやつじゃないです)が、転職の時に非常に役に立ちました。例えば新卒で入った会社で、発送物や景品を電子化して、事務コストを年間5000万抑える、ということを問題意識をもって企画し実行しましたが、新卒の中でのMVPは400万円の新規営業先を決めてきた人でした。私は敢闘賞的な申し訳程度の評価しかもらえず、要はその会社で評価をもらうには要領の悪いことをしてしまっていた。ただ転職活動をするなかの1社に、営業しながら組織の最適化のできる視座をもった人材を求めている方がいて、このことを非常に評価してくださり、その場で社長を呼んで内定をいただいたことがあります。努力が必ず報われるとか、縁の下の力持ちにスポットライトが当たるとか、そういう美談ではなくて、世界というのは非常に広くて、フラットに見て妥当性のある実績を作り出していれば、必ず評価してくれる組織や人がいることは間違いないということ。そこに効果的にアプローチすることを意識すれば、わらしべ長者的なキャリアも望めると思います。
「月給16万でしたけど、仕事の基礎を身につけることができた意味では、とてもいい会社だったと感謝しています。」高い報酬が払えないからいい人が取れない、という企業はこうしたアプローチも考えてみるべきと思いました。
これからの時代は得意が評価される社会。若者だけでなく、大人にも参考になります。下記、引用です。
「キャリアアップを目指すうえで重要な観点が、もう1つあります。「苦手の克服に必死になるな」ということです。
日本人はなぜか、不得意を払拭することを美談とし、それにしゃかりきになる人が少なくありません。でも、市場価値を高めるという意味においては、あまり意味のないことです。
(中略)
だったら、その時間を利用して、得意なことで会社に貢献していたら、あなたの給料はもっと上がり、他社からのオファーが来る確率も上がるはずです。」
【大人ベンチャー】
“いま僕が22歳だったら、“大人ベンチャー”に就職します”

記事内で大人ベンチャーと言われていた、アンカーはほぼ大企業だと思いつつも、こうやって社会人の方が今就活生だったらここに行く!と目線を下げて紹介してくれる記事は有益だと思いました
「自分を知る前に、四季報を見るな」

というのは、就活を来年に控えている自分にとって、意識しなくてはいけない事だなと思いました。

最初に、四季報などを見る

人気の商社やコンサルなどに入りたい

そこの企業の選考に通過するような自分を作り上げる

内定して働き始めてみるとなんか違くね? or 偽りの自分なので内定が取れない

このパターンって結構多いのかなと思いました。
「苦手の克服に必死になるな」
以前、某大手企業の面接時に事業部長の方から同じようなお言葉をいただいたのを思い出しました。

苦手の克服に時間を費やすのはもったいない。苦手なところは他のメンバーに任せ、自分が得意だと思うところを磨きなさい。それが会社の武器になるから。
と。
自分の得意なことは、意外とわからないものです。
「人より早くできる仕事や苦にならない仕事を見つけ、それを効率化していくこと」
は今後の参考にしたいと思いました。

 

▶︎ファーストキャリアでの選択で重要なことメモ
・仕事の基礎と挑戦する機械の双方が手に入る環境
・市場価値が上がるレアな経験をする
・明確な目標がないのなら、実力を磨き、ステップアップした環境に身を置くこと。
・最も成長する仕事は会社の儲けに直結するのに、地味で、社内での評価につながりにくい仕事です。
今年就活した学生ですが、下記は本当に同感です。
>あとは、いきなり『就職四季報』を見て就活をしないことです。業界事情を知るより、まずは自分のことを知ったほうがいいと思います。

僕自身、有名な企業を知ったあと自己分析をしようとすると、どうしてもその企業に寄せてしまいがちになり、本当の今までの性格や価値観がわかりずらくなった経験があります。
この連載について
22年卒、23年卒、24年卒などZ世代の就活に、革新的な変化が起きている。コロナの感染拡大によるオンライン採用が定着や、学生のキャリア観の変化、“就活テック“が台頭しエントリーシートや、面接の口コミ評価などが出回るようになったことなどにより、Z世代の就活はどう変わるのか? 豊富な取材から導き出す。