新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
はい,その通りです.
以下でも述べましたが,
https://newspicks.com/news/3282108?ref=user_2112738
都市で飛ばすのであれば,決められた2点間を,人がほぼいない地帯の上空を.低空で飛行することから始めます.一案として,湾岸地域から少し内陸までを海や河川の上を伝わりながら飛行すること.
例えば,羽田空港を起点とし,羽田と都心を結びましょう.羽田空港から多摩川を伝わって鉄道の駅まで飛行する.あるいは羽田空港から湾岸沿いに品川,新橋,東京駅近くまで飛行する.
大阪ならば,関西空港から大阪湾,淀川とその支流の上を飛行すればよい.
江戸時代,江戸や大阪では人や物資の運送のために運河網を構築されました.明治以降,とくに戦後,それらは無用になりましたが,再び活用すべきです.
日本では特に合理的ですね。

空飛ぶクルマの実用化は「川の上」を空路にすることで安全面に配慮できるという記事です。

最近、墜落するドローンをYouTubeで見た際に、墜落して人に当たったら、、、と思ったところでした。

確かに川の上なら安全ですね。

言われれば当たり前に思えることを発想できる能力がうらやましいです。

空飛ぶ車もドローンも安全面は考慮しないとですね。
(意図的な墜落など避けたいですよね)


https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919
ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~
空飛ぶクルマが高層ビルの谷間を滑空するシーンはSFによくありますが、現実的なのは川の上なのですね。川の多い日本にはぴったりかも。
空は飛びたいですが、泳げない人はどうすればいいのでしょうか。
「川」をトレースすることや、橋梁などの障害物も多いので、「川」より先に「海」でしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
現在の社長は和田英将 ウィキペディア
時価総額
524 億円

業績