新着Pick
915Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スーパーで売っているサケが「チリ産」と表示されているのを目にする機会が多いですが、チリでのサーモン養殖は、マルハニチロが1970年代から手がけてきた事業です。
https://www.maruha-nichiro.co.jp/salmon/fishery/09.html
 なお、サケの養殖は、2005年あたりまではチリが世界トップでしたが、その後ノルウェーで増えていき、今はノルウェーがトップです。
 
記事にもありますが、養殖の形態というのはいくつかあり、規模も様々です。
 イオンがやっている、インドネシアでウナギの養殖をしたり、ベトナムでナマズの仲間の養殖をするような事業もあります。
https://www.nna.jp/news/show/2066186

インドネシアやベトナム、タイといった東南アジア諸国で行われてきたエビの養殖も、今は中国やインドの方が大規模になっています。
https://www.minato-yamaguchi.co.jp/minato/e-minato/articles/82154

後継者のいない日本の農業、漁業は、ほぼ確実に途絶えるので、従来の日本食に近い食材を確保し続けるためには、養殖を含めた技術と生産設備を諸外国に輸出する必要があります。
 JICAがやっていますが、本当は、技能実習生制度なども、将来の日本への食材輸出につながるようにうまく活用されるべき仕組みでした。

JICA水産協力におけるブルーエコノミーの推進について
https://www.jica.go.jp/activities/issues/agricul/jipfa/ku57pq00002kzmhq-att/marine_01_data01.pdf
フードテックが盛り上がっていますが、中でも水産物、養殖は日本にとってチャンスの大きい領域だと思います。完全養殖において、日本はトップクラスの技術を誇っているからです。

完全養殖は記事中にもあるように、品種改良や持続可能性の面で要になります。

なんとか、このチャンスを逃さぬようにしていきたいところです。
魚!この領域で有名な国内スタートアップはウミトロン、リージョナルフィッシュ、鯖やグループなど。

・「ウミトロン」 自動給餌、リアルタイム魚群食欲判定など。
→IoT、機械学習、衛生リモートセンシングを活用した養殖で創業期からグローバルを狙いシンガポールに本社を置いています。日本は開発拠点。
https://umitron.com/

・「リージョナルフィッシュ」 ゲノム編集技術を活用した陸上養殖
→最近、ゲノム編集マダイ「22世紀鯛」をクラウドファンディングで一般消費者に提供しはじめました。ゲノム編集と聞くとあまりいいイメージを持たない方も多いかもしれませんが、DNAを刺激した時の回復力で自然変異を生み出し、成長速度を速めたり、可食部を増やしたりすることに取り組んでいます。
https://regional.fish/

・「鯖やグループ」 鯖の生産から消費まで全てを手がける鯖の総合商社
→前澤ファンドから出資されたフィッシュ・バイオテック社や、鯖料理専門店の「鯖や」などをご存知の方が多いのはないでしょうか
https://sabaya-group.com/

個人的に気になっているスタートアップは、
・「ウニノミクス」 ウニ畜産事業
→今年、ENEOSが出資したのですが、磯焼け状態(食物連鎖のバランス崩れ)の海で採取したウニを2ヶ月で食用に適した状態まで陸上で育てる。
https://www.uninomics.co.jp/

あと、養殖事業ではないですが、ブランテックインターナショナルも面白いです。高濃度塩水で瞬間冷凍するハイブリッドアイス。JR東日本と協業しています。 https://www.blanctec.co.jp
1970年代に比べて、現在は世界全体で4倍の量の魚を食べるようになっています。エサの効率が鶏よりもさらに高いため、人口増に伴う必要タンパク質量を提供するのに、魚食は避けて通れない選択肢です。

そして、天然資源は既に均衡を保つ限界以上まで獲得しているので、人工的に手を当てるしかなく、養殖は必然的な存在になっています。

漁業は古い産業だというイメージを捨てて、人類にとって必要性が高く、先端技術を用いた、若い才能が取り組む領域だと認識を改めなければならない領域です。
日本はまだまだ天然魚信仰が強いですが、気候変動+海洋資源管理の不十分さから、天然魚は減少しています。
そのため、世界では養殖の割合が天然魚よりも高くなっています。中国では、天然魚より養殖の方が安心・安全と考えられています。
日本も養殖、特に陸上養殖にもっと力を入れていくべきだと思います。
今後の陸上養殖の可能性は大きいと思っています。
持続可能な養殖業のチェック項目が分かりやすくまとめられた記事でした。
天然魚の乱獲やフカヒレなど一部海外における残酷性のある漁について、懸念の声は増える一方です。また、マイクロプラスチックの生物濃縮による摂取について、人体への影響は「明らかになっていない」というものの、海洋生物の生殖機能などに影響があることが明らかになっており、もし人体への悪影響が明らかとなれば海洋連結型でない養殖場の養殖魚しか食べないという層も出てくるかもしれません。

一方で養殖は、天然魚の品質管理とエサなどのその他条件の最適解を求めることが難しいとされてきました。持続可能な養殖業のチェック項目が分かりやすくまとめられた記事でした。

天然魚の乱獲やフカヒレなど一部海外における残酷性のある漁について、懸念の声は増える一方です。また、マイクロプラスチックの生物濃縮による摂取について、人体への影響は「明らかになっていない」というものの、海洋生物の生殖機能などに影響があることが明らかになっており、もし人体への悪影響が明らかとなれば海洋連結型でない養殖場の養殖魚しか食べないという層も出てくるかもしれません。



一方で養殖は、天然魚の品質管理とエサなどのその他条件の最適解を求めることが難しいとされてきました。効率がよく持続可能な養殖業のため、(ウミトロンで実施しているような)IoT利用による近代的な課題解決が必要な分野だと思います。
https://newspicks.com/news/5912582?ref=user_1549708
漁業と養殖についてわかりやすく解説してくれています。以前、友人に宇和島の養殖ハマチを頂いたことがあったのですが、めちゃくちゃおいしかったです。養殖業も人手不足で生産性向上が求められているとのことなので、テクノロジーで解決できることがあるはず。次回も期待しています!
養殖産業は他のあらゆる産業と異なり西側ではなくアジアの中国、インド、東南アジアが三大リーダーである。そしてスタートアップがこの分野に多数出始めている。センサーデバイスや衛星を使った水質管理からAIによる需要と供給双方のイールド最適化そしてサプライチェーンまでこの分野においては技術とインベーションのフロンティアはまだ広大にある。
養殖は、日本が世界で優位性を持つ技術の宝庫でもある。

マグロの完全養殖を32年かけて成功させたのが近畿大学水産研究所。マグロの稚魚をとってきて太らせる養殖は他の国もやっているが、結局、乱獲となる。受精卵から成魚まで養殖できるのは近大ならではの技術。ただし近大が成功したのはトロが多い高級魚のクロマグロ。ツナ缶の材料として世界の全マグロ類漁獲高の65%を占めるキハダマグロの完全養殖を目指し、近大はパナマでも共同研究。科学技術振興機構(JST)と国際協力機構(JICA)もこれを支援していた。

養殖ほんと大事なので、もっと知られるべき。とてもよい企画。
まさに重要なタンパク質源と言う観点よりも、養殖テックにはとても注目しています。Aqua-Spark(オランダ)と言う、養殖産業に特化したVCファンドもあり、投資先はどこもとてもユニークです。北米初の水産業特化ファンド、S2G VenturesのOceans & Seafood Fundも今年立ち上がりました。

フードテックはグローバルサプライチェーンが前提なところもあり、個人的にもとても面白いです。

数年前にはインド発の養殖テックリーダーのEruvakaに会いにAndhra Pradesh州で視察もさせて頂きました。自動給餌のIoT及びAI・音声認識による餌の効率性探知ソフトなどを世界中にー南米から東南アジアへ販売しています。

アフリカなどでも養殖産業が新たな雇用を生み出していて、期待されています。私もケニアにいた際には毎日のようにティラピアを食べていましたが、アフリカではまだまだ課題・及び伸び代はあり、道などのインフラから教育なども必要ですが。

そんな中、テクノロジー面ではまさに効率性、環境負荷(汚水や輸送含めた)や健康効果配慮(抗生物質の使用)などのイノベーションが求められていると思います。
日本からのウミトロンさんやリージョナルフィッシュさんの技術力も頼もしく、これからの新しい会社にも期待ですね!