新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体観として気になってきているのは、家電、ガソリン車、火力発電などにおいては日本やアジア勢の活躍が目立ちましたが、近年の再生可能エネルギー、EVなどではテスラなどの新興勢力に加えて停滞していた欧州の自動車や風力発電のタービンメーカーなどの欧米勢の勢いを感じています。もちろんEV、地熱、水素などの分野日本勢も頑張っている分野はありますが産業界の勢力図が世界的に大きく入れカ変わっていっていることを俯瞰することが企業の戦略面でも重要かと思います。
これはメーカーだけの話ではなく、環境関係規制などのルール作りの面でも同様のことが言えると思いますが欧州の経済外交上の影響力が顕著です。
3大飛行エンジンメーカー,ロールスロイス,ゼネラルエレクトリック(GE),プラットアンドホイットニーは変革を迫られている.
ロールス・ロイスにおいては,ドイツでハイブリッド電気推進eVTOLの研究,また英国で本件の全電動航空機の研究.狙いは機体製造というよりは電動技術の研究開発にあると思われます.

【追記】プロペラに戻るのか,というコメントを見ました.現在のターボファンエンジンはコアエンジン(ジェットエンジン)に対してファン径が大きくなり(バイパス比が大きい),ほとんどプロペラ機と言っても良いと思います.その方が燃費が良い(環境に優しい)からです.プロペラに戻ります.代替燃料,水素,ジェット機,電動機,結局のところ,ファンやプロペラをどのように回すかの差異です.
出典のリリースも見たけれど、飛行距離についての情報はなかった。瞬間的な速度よりもそちらの方が気になるけど。
マイクロ波で空中給油ならぬ空中充電するようになったらロマン感じます。既に雲上で太陽光発電しながらの長時間飛行は実績が重ねられつつありますし宇宙に気軽に行ける時代より早く超長時間飛行できるドローンがぶんぶん飛ぶことのほうが普通になりそうですね。クルーズ船の代わりに1か月かけてヨーロッパに行く太陽光発電飛行船とかあったら楽しそうです。放射線対策が厳しいか。
St Louisの方々もお慶びでしょう
往年の名機スピットファイアを彷彿とさせるフォルム。

業績